令和2年度 釧路市文化賞・文化奨励賞

ページ番号1005683  更新日 2022年8月25日

印刷大きな文字で印刷

令和2年度釧路市文化賞・文化奨励賞について

令和2年度釧路市文化賞・文化奨励賞受賞者が決定いたしました。

釧路市文化賞

写真:令和2年度文化賞受賞者
髙橋 佐吉 様(雅号:髙橋 臨川)【芸術部門 文化振興】

長年に亘り、釧路地域の書道文化を牽引し、釧路市文化団体連絡協議会の会長として、強力なリーダーシップのもと、釧路市の文化芸術の振興に寄与されました。
平成14年に釧路市文化団体連絡協議会の会長に就任され、8期16年に亘り釧路市の地域文化振興と社会教育分野に尽力され、創立50周年及び60周年記念事業や、釧路市生涯学習センター20周年記念事業を指揮し、4度に渡る友好都市鹿児島県出水市との文化交流事業を成功に導くなど、その功績は非常に大きく、本市の文化芸術の振興に大きな貢献をされました。
現在も、釧路市書道連盟会長として活動を継続される傍ら、釧路市文化団体連絡協議会名誉会長、北海道文化団体協議会参与として、本市の文化芸術の普及・発展に尽力されております。

釧路市文化奨励賞

写真:令和2年度文化奨励賞受賞者
片桐 茂貴 様【芸術部門 文化振興】

高校時代より演劇を始め、平成4年に劇団東風(とんぷう)を旗揚げし、創立時より劇団代表、俳優として活躍されております。道内各地で公演を続ける一方、社会奉仕活動も行いながら本市の演劇活動を広めております。平成26年には釧路演劇協議会の会長へ就任し、現在まで釧路市全体の演劇団体を統括されております。
釧路市文化団体連絡協議会の事務局長を14年に渡り担い、現在は副会長として各種文化団体をサポートし、「新たな世代の文化人」として釧路市の文化芸術活動を積極的に情報発信する等、更なる活躍が期待されております。文化芸術全般においても後進の育成と地域文化の継承を担い、企画演出等でも幅広く活動し、本市の文化芸術の裾野拡大と普及振興に大きな貢献をされております。

釧路市文化賞とは

「釧路市文化賞」及び「釧路市文化奨励賞」は、釧路市の文化の発達に貢献した個人又は団体を表彰するため、昭和30年に創設されました。
これまで、芸術(音楽、文学、美術及び芸能)及び科学(自然科学及び人文科学)の分野で釧路市に多大なご貢献をいただいた方々・団体を表彰しています。

釧路市文化賞 個人:50名、団体:13団体(令和2年度現在)
釧路市文化奨励賞 個人:46名、団体:22団体(令和2年度現在)

過去の受賞者

過去3年間の受賞者は表のとおりです(過去の受賞者一覧は下記ファイルをご覧ください)。

過去3年間の受賞者

年度

文化賞 個人

文化賞 団体

文化奨励賞 個人

文化奨励賞 団体

平成29年度

釧路太平洋太鼓保存会
(郷土芸能)

平成30年度

令和元年度

釧路鳥取かさ踊り保存会
(郷土芸能)

二橋 潤一(音楽)

永久保秀二郎日誌を読む会
(郷土史研究)

ダウンロード

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するお問い合わせ

生涯学習部 生涯学習課 生涯学習担当
〒085-0016 北海道釧路市錦町2丁目4番地 釧路フィッシャーマンズワーフMOO4階
電話:0154-31-4579 ファクス:0154-22-9096
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。