2021年6月の釧路市動物園ニュース

2021年6月17日(木曜日)エゾフクロウのヒナが巣立ちしました

ふくろうの森のエゾフクロウのつがいからヒナが誕生しました。
5月13日頃ふ化したと推測されます。
6月17日に巣箱から外に出る「巣立ち」をしました。
釧路市動物園での繁殖は23年ぶりです。見守ってくださいね。

エゾフクロウのヒナ


 

2021年6月15日(火曜日)ニホンザルの赤ちゃんが生まれました

お母さんに抱っこをされているので見えにくいかもしれませんが、
サル山へお越しの際は探してみてくださいね。


 


2021年6月13日(日曜日)トナカイの赤ちゃんが生まれました

6月1日(火曜日)にトナカイ「みずほ」にメス、2日(水曜日)「アクアビット」にオス、
13日(日曜日)「クエルボ」にメスの赤ちゃんが生まれました。
5月24日に生まれたモエレの仔とあわせて4頭の赤ちゃんがトナカイ舎をにぎわせています。

みずほ親子
みずほ親子
 


2021年6月11日(金曜日)アルパカの赤ちゃんが運動場にデビューしました

5月27日(木曜日)にアルパカの「トパーズ」がオスの赤ちゃんを出産しました。
出生時7.4kg だった体重は11.0kg を超えるまでに増えて大きくなったので
6月11日に運動場にお目見えしました。会いにお越しください。







 


2021年6月5日(土曜日)釧路ライオンズクラブの皆さんが花壇整備をしてくださいました

釧路ライオンズクラブ様が西門前のサークル花壇に花の植栽を行ってくださいました。1200株の色とりどりのお花が綺麗に咲いていますので、ご来園の際には是非ご覧ください。
釧路ライオンズクラブ様のこの奉仕活動は今年で12回目となります。暑い中、本当にありがとうございました。



このページの先頭へ