2020年8月の釧路市動物園ニュース

2020年8月14日(金曜日)アミメキリン「コハク」の展示中止について


2019年7月2日に生まれ、飼育展示中のアミメキリン「コハク」ですが、8月4日に首の一部に腫れが生じている様子が確認されました。
すぐにレントゲン検査を行い、その画像について、外部の専門家などにも確認をしていただいてきたところ、第一頸椎の骨折の可能性、第一、第二頸椎間の脱臼の可能性が指摘されました。
首の腫れの原因については、動物園の獣医師や飼育員からの情報やレントゲンの画像等をもとに、外部の専門家などのご意見も伺いながら究明してきたものの、現時点では特定できておりません。
可能であるなら麻酔をかけて詳細な検査等を実施すべきところですが、キリンは元々、麻酔をかけることのリスクが高い動物であるため、外部の専門家などからは、若い個体であるので、当面、骨の癒合に向けて、鎮痛消炎剤を投与したうえで、安静状態を保つことが最善であるとの見解が示されました。
これらのことを踏まえ、「コハク」については、安静を保つため、当面、展示を中止することといたします。



 

2020年7月25日、8月1日、8日(土曜日)夜間開園を行いました

当初「夜の動物園まつり」を開催予定でしたが、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、「夜間開園」に変更して行いました。

3日間とも落ち着いた天気だったということもあり、延べ6,000名以上のお客様にご来園をいただきました。
ちょうちん抽選会や動物ガイドなどはすべて中止となりましたが、スタッフ特製のアイスキャンドルやキャンドルアート、イルミネーションで園内をライトアップし、夜の動物園をお楽しみいただきました。

 アイスキャンドル

 イルミネーション

 ライトアップされたキリン舎


~おまけ~
スタッフが北海道ゾーンの木道を歩いていると、フワーっと光るものが・・・。
何がいたかわかりますか?
そうです!ホタルが飛んでいました。
残念ながら写真を撮ることはできなかったのですが、ちょうど通りかかったお客様と一緒にホタルを観察することができました。

又、黒い影も目の前を通り過ぎていきました。
黒い影の正体は・・・「コウモリ」です。
身近に生息しているコウモリですが、普段はなかなか見る機会が少ないと思います。
例年、夜の動物園まつりでは様々なイベントを開催していますが、のんびりと木道を歩くとまた違う楽しみ方もできますよ!

このページの先頭へ