2020年2月の釧路市動物園ニュース

2020年2月8日(土曜日)チンパンジー「リリー」が出産しました

2月8日(土)未明、チンパンジー「リリー」(メス)と「ゆみのすけ」(オス)の間に女の子が誕生しました。
リリーは2001年「ポリー」(オス)、2015年「ゆづる」(オス)を出産し、今回で3度目、初めての女の子出産となりました。

母子ともに元気で、リリーは子どもへの授乳も行っています。
現在リリー親子は寝室にいるためご覧いただくことはできませんが、
会える日を楽しみに待っていてくださいね。

職員一同、今後の子育てが順調に進むよう、万全の態勢を整えながら見守っていきたいと思います。

 2月8日撮影

 2月10日撮影






 

2020年2月9日(日曜日)冬の動物園まつりを行いました

今年は1月の積雪量が少なくソリ山作製は中止となりましたが、当初予定していた内容を変更して冬の動物園まつりを開催いたしました。
当日は風も強く、午前8時過ぎの気温は-15度ととても寒かったのですが、たくさんのお客様にご来園を頂き冬の動物園をお楽しみいただきました。

ミニ雪像づくり
園内に設置した台座に、雪像をつくっていただきました。
ウサギや鳥、好きなキャラクターなどかわいらしい作品がたくさん出来上がりました。


ソリひき大会
当初予定していた「ソリすべり大会」を「ソリひき大会」に変更して行いました。
幼児の部では、子どもたちがソリから転倒してしまうハプニングもありましたが、お家の方にソリをひいてもらい楽しそうにしている子どもたちの笑顔が印象的でした。


小学生以上の部では、人形を乗せたソリをひきゴールを目指しました。
予想以上に盛り上がり、お楽しみいただけたのではないかと思います。


たからさがし大会
雪山に隠されたスーパーボールを探しだし、宝物(景品)と交換をしました。
年齢が上がるにつれてボールを探し出すのが難しかったのですが、さすが元気いっぱいの子どもたち。
あっという間に雪を掘り、ボールを見つけ出していました。





 

このページの先頭へ