2019年4月の釧路市動物園ニュース

2019年4月8日(月曜日)トナカイのメス「伏古(ふしこ)」が亡くなりました

「伏古」は2008年5月5日に生まれたメスです(母親は「手稲」、父親は「駆動」)。
これまで、4頭の子どもを出産しました。
数年前より、時々下痢気味になり、投薬治療を受けていました。
4月6日からも、下痢状の便が確認され、隔離して治療していましたが、8日に体調が悪化し、昼頃、飼育員が死亡を確認しました。
下痢などにより痩せて、衰弱したことが原因だと思われます。



 

 

2019年4月4日(木曜日)、7日(日曜日)シマフクロウのヒナのふ化を確認しました

2017、2018年に繁殖に成功したシマフクロウのペアに今年も引き続きヒナがふ化しました。
今年は2羽のふ化に成功しています。
ふ化後は、巣箱に設置したカメラを通してヒナの成長を見守っております。
このペアは非公開ケージで飼育しているため、ご覧いただくことはできませんのでご了承ください。
今後も職員一同、ひなの成長を見守っていきます。

ふ化日 1羽目ふ化確認日 2019年4月4日(産卵日は2月26日)
2羽目ふ化確認日 2019年4月7日(産卵日は3月2日)
親の情報 母親 ラライ(2006年生まれ 野生保護個体)
父親 フラト(2007年生まれ 野生保護個体)







 

2019年3月23日(土曜日)~4月1日(月曜日)はるやすみの動物園「動物博士になろう!クイズラリー」を行いました

園内の4ヵ所に設置された動物クイズに挑戦する「動物博士になろう!クイズラリー」を行いました。
期間中、延べ1000名程のお客様にご参加いただき、クイズラリーをお楽しみいただきました。
動物をよく観察し、クイズに挑戦しているお子様がたくさんいましたよ。動物博士になれたかな?



たくさんのご参加ありがとうございました。

このページの先頭へ