平成31年1月の釧路市動物園ニュース

2019年1月14日(月曜日)  シマフクロウ「コララ」が亡くなりました

「コララ」は2017年(平成29年)4月10日に釧路市動物園としては7年ぶりのヒナでした。
2017年11月14日からは親から独立させ、猛禽舎で単独の飼育展示に移りました。
その後も順調に育ってきましたが、昨年末から体調を崩し、投薬等を行いました。
体調は回復したように見えましたが1月13日の昼頃に地面に降り、
左趾(ひだりゆび)より出血が見られたため治療に当たりましたが、
1月14日朝に死亡が確認されました。
解剖した結果、皮下や体内に出血があり死因は外傷性のものによると判断しました。
落下による事故に起因すると思われます。
コララは愛称募集で素敵な名前をつけて頂いた待望のヒナで、
両親とも野生由来の新しい血統の個体として、大きな期待をしておりました。
このような結果になり、非常に残念です。


コララ  コララ





 

2019年1月7日(日曜日)冬休み工作教室を行いました

今回の冬休み工作教室は、当園で毛刈りしたヒツジの毛を使い、ライトで光る「動物ランタン」を作りました。
根気のいる作業でしたが途中で諦めることなく素敵な作品を作り上げ、完成後に室内を暗くしてライトをつけると歓声があがっていました。











当初10名の募集を行っていた冬休み工作教室ですが、たくさんのご応募があり午前と午後2回に分けて、計22名の小学生にご参加を頂きました。
たくさんのご参加ありがとうございました。





 

2019年1月3日(木曜日)新春オリジナルグッズをプレゼントしました

2019年最初の開園日となる1月3日に、先着100組様限定で新春オリジナルグッズをプレゼントいたしました。

開園を待っていただくほどのたくさんのお客様にお越し頂きました。
ありがとうございます。


開園前の様子  開園前の様子


今年の新春オリジナルグッズ「アルパカの毛で作ったボールの御守」を園長よりプレゼントいたしました。


新春オリジナルグッズプレゼント


皆様にとって良い一年となりますように。


また展示館では、NPO法人釧路市動物園協会の恒例イベントとして、「みかんくじ」が行われました。


みかんクジ  みかんクジ


本年も動物・職員一同、皆様のお越しをお待ちしております。どうぞよろしくお願いいたします。

このページの先頭へ