平成25年1月の釧路市動物園ニュース

平成25年1月の釧路市動物園ニュース

2013年1月31日(木) シマフクロウの「メメ」が死亡しました


シマフクロウ メメ

 

  メメはオスの「アカン」(2009年に死亡)とメスの「ポッポ」(1998年に人工ふ化)の子で、2006年4月に人工ふ化で生まれ、職員の手で育てられました。
 1月22日から体調を崩し、治療にあたりましたが、1月31日の朝に死亡が確認されました。死因は敗血症です。年齢は6歳でした。
 これで、当園のシマフクロウの飼育数は15羽(オス:8羽・メス7羽)となりました。




2013年1月6日(日) 冬休み工作教室を行いました

 

 冬休み工作教室「ねんどで動物を作ろう」

 

 1月6日に今年初の催しとして、冬休み工作教室「ねんどで動物を作ろう」を行いました。小学生4名に参加していただき、本物のウサギを見ながら紙ねんどで作りました。
 動物園は1月3日から開園いたしました。本年も釧路市動物園をよろしくお願いいたします。
 

このページの先頭へ