平成23年8月の釧路市動物園ニュース

平成23年8月の釧路市動物園ニュース

2011年度の釧路市動物園ニュースです。

リンク等が切れている場合がありますので、ご了承下さい。





2011年8月30日(火)  クマタカが死亡ました



 



 北海道ゾーンのハクチョウ池のそばで飼育しておりましたクマタカのペアのうち、メスの「シラヌカ」が、8月30日(金)死亡しました。

 飼育期間は23年3ヶ月でした。

 死因は肝臓の疾患と考えられています。

 シラヌカは1987年に白糠町で保護され、オスのハマナカとの間で2002年に初めて繁殖に成功、以来国内で唯一の繁殖ペアとして、人工ふ化を含め6羽のヒナが成長しました。

 今年も繁殖に成功し、ヒナが1羽無事に巣立ちを迎えております。





2011年8月28日(日)  アルパカに子どもが生まれました



 



 アルパカのトパーズが8月28日にメスの赤ちゃんを1頭出産いたしました。

 トパーズは2009年5月11日生まれで、現在2歳3ヶ月になります。

 当園のアルパカ3頭(オス1頭メス2頭)は昨年の11月にアメリカから来園していますが、オスのネプチューンとは完全に分離して飼育しておりますので、日本に来る直前に妊娠したと考えられます。

 生まれる直前まで妊娠の可能性は考えておりませんでしたので、8月28日の朝、アルパカの動物舎で生まれた子どもを見つけたときは大変な驚きでした。

 9月1日から運動場へ出し入園者へ公開いたしますので、ぜひ会いに来て下さい。





2011年8月23日(水)  ご寄付をいただきました。



 



 「釧路を元気にする華実の会」様より、車イス3台の寄贈と、既存の車イス3台の修理をしていただきました。

 この寄付は、先に釧路市内で行われました、くしろ霧フェスティバルでのバザーの収益金に加え、会員の皆様の篤志により、動物園の利用者利便・設備充実のためにいただくこととなりました。

 心より感謝いたします。





2011年8月19日(金)   第57回 くしろ市民北海盆踊りに仮装の部に参加しました



 



 第57回くしろ市民北海盆踊りに仮装の部に今年も出場いたしました。

 当園職員、山花温泉リフレ、釧路市ふれあいホースパーク、山花温泉オートキャンプ場、(株)ベルックス、NPO法人釧路市動物園協会、市教育委員会職員の有志のによる総勢73名による参加となり、今年は仮装の部で3位に入賞を果たすことが出来ました。

 ご声援ありがとうございます。

このページの先頭へ