平成21年12月の釧路市動物園ニュース

平成21年12月の釧路市動物園ニュース

2009年12月27日(日) 動物慰霊碑の除幕式並びに動物慰霊祭を行いました


 NPO法人釧路市動物園協会より、動物慰霊碑「いのちの碑」の寄贈があり12月27日(日)11時よりいのちの碑の建立場所である、レストハウス前にて除幕式と動物慰霊祭を行いました。動物慰霊祭ではお集まりいただいた皆様に手を合せていただきました。

 「いのちの碑」の題字は札幌市在住の書家、加藤秋霜氏に揮毫(きごう)いただきました。

 NPO法人釧路市動物園協会から動物慰霊碑のほか、猛獣舎前の休憩施設園内展示館前の舗装整備、釧路管内の小中学校に寄贈するアムールトラの書籍等の寄付をいただいております。

 誠にありがとうございます。




2009年12月23日(水) クリスマスZOOを行いました


 12月23日に今年で3回目となるクリスマスZOOが行われました。今年もサンタさんが動物園にやってきて、パクパクタイムクリスマスバージョンを行ったり、トナカイ舎の見学があったり、職員手作りの景品をプレゼントする、スタンプを集めて景品をもらおう!!も行われました。


(トナカイ舎見学の様子)


 冬季国体のマスコット、エゾクロテンの展示舎オープンセレモニーも行われ、多くのお客様にお集まりいただきました。

 
(エゾクロテン舎オープンセレモニーとエゾクロテンの写真)


 また、エゾクロテンの愛称募集を12月23日から2月7日までエゾクロテン舎前で行っております。発表は2月28日の動物園ひなまつりのイベントの中で行います。たくさんのご応募お待ちしております。


 展示館では展示館特別展やエルム楽器の皆様によるわくわくクリスマスコンサートが行われ、エレクトーンやクリスマスソングが演奏されました。


 
(エルム楽器様によるわくわくコンサート)


 閉園時間の午後3時30分からは「ふくろうの声を聞こう」のツアーがありました。


 途中の観覧通路や中央広場に向かう階段には、アイスキャンドルが設置され、太陽が沈んでくる夕方には、きれいに見ることができました。


(中央広場に向かう階段に設置したアイスキャンドル)


 クリスマスZOOにたくさんのお客様にご来園いただきました。
 誠にありがとうございました。




2009年12月23日(水) クマタカ(浪漫)のフライト訓練を行っております


 


 
2008年7月11日に人工ふ化したクマタカの浪漫(ろまん)のフライト訓練を行っています。まだ非公開なのですが、なかなか広い場所がなく現在は中央広場にて午後より行っています。
 浪漫という名前は山口園長が一晩寝ずに考えて付けた名前です。
 このフライト訓練は毎日、昼頃に行っておりますので動物園にお越しの際は訓練にご協力下さる様よろしくお願いします。
 また、訓練の状況をホームページにてお伝えしていきたいと思っております。


 




2009年12月6日(日) ホッキョクグマのお誕生会を行いました


 
12月6日(日)午前10時30分から、ホッキョクグマのデナリとクルミとツヨシのお誕生会を行いました。デナリは11月9日で16歳になりました。クルミは12月26日で13歳、ツヨシは12月11日で6歳になります。
 園長の話の後、お集まりいただいた方々とハッピーバースデーの歌を歌い、飼育担当者特製のケーキをデナリとクルミが、隣ではツヨシがそれぞれ食べていました。その後、担当者の話、そしてツヨシプロジェクト寄贈の浮き玉にお客様からメッセージを書いてもらったものを、投入しました。
 あいにくの天候でしたが、たくさんのお客様に3頭の誕生日をお祝いしていただき、本当にありがとうございました。




2009年12月3日(木) 釧路市動物園ではペットボトルのキャップを集めています


 
釧路市動物園ではペットボトルのキャップを集めています。この集められたキャップはカムイ・エンジニアリング株式会社様にお送りしエコキャップ推進協会より受領個数の通知が届きます。
 今回の送付が2回目で、1回目は2080個、今回は3864個となっております。
 エコキャップ推進協会はCO2削減や、子供達の命を救う事を目的にキャップの売却益をワクチン購入資金としてJCV(世界の子どもにワクチンを 日本委員会)へ寄付する事業を行っています。
 1kgを400個として計算し、800個でポリオワクチン1人分が購入できます。キャップをごみとして焼却処分すると、キャップ400個で3150gのCO2が発生します。
 釧路市動物園内ではエコキャップ運動を実施しておりますので、ご来園の際はご協力よろしくお願いいたします。

このページの先頭へ