2022年5月のどうぶつえん日記

2022年5月17日(火)


桜が終わりかけの動物園です。
桜
そろそろ防寒着を脱いでもいいかなと思う気温になってきました。

レッサーパンダの双子
パンダ双子
右がレラです。
新しい運動場にも慣れてきたみたいですね。

ニュースの方にも載っていますがトナカイの仔が誕生しています。
みずほ親子
みずほの仔、はやて(オス)

アクアビット親子
アクアビットの仔、ラム(メス)

ちっちゃいですが、観覧通路からでもご覧になれると思いますので、探してみてくださいね!

おまけ
抜海の袋角
オスの抜海(ばっかい)です。
袋角が大きいですね!




2022年5月11日(水)

暖かな陽射しの影響で…
エルシー親子
アルパカのエルシーとわたあめ

オシドリ夫婦
オシドリたち


新子とトキオ
オタリアのシンコ(左)とトキオ

ココア
アムールトラのココア

シンゲン
レッサーパンダのオス、シンゲン

アスナロ
メスのアスナロです。

春のひとときでした。







2022年5月6日(金)

皆さま、充実したゴールデンウィークをお過ごしになられましたでしょうか?
当園にもたくさんのお客様が足を運んでくださいました。ありがとうございます!
11月までは毎日開園していますので、中の人たちのようにゴールデンウィークがなかった方、いつでもお越しくださいね!

さてさて緑色。
ハクトウワシ舎
ハクトウワシ舎です。
鳥インフルエンザ対策として野鳥の侵入を防ぐ網掛けを行いました。
動物が見えにくいですが、ご理解をお願いします。

そして桃色。
エゾヤマザクラ
原稿を書いている時点では開花情報は入ってきていませんが、園内では桜が咲き始めました。
写真はレッサーパンダ前のトイレ横です。

さらに白色。
キロル

ミルク
ちらっと覗きにいったら、キロルもミルクも同じポーズでこちらを見ていました。

おまけの白色。
ネプチューン
早くエサのある室内に入れてとアピール?しているアルパカのネプチューンです。





2022年5月1日(日)

今年も1/3が終わりましたね!

園内では、オオジシギの羽音やウグイスの鳴き声が聞こえ、いつの間にかタンポポも咲いていました。
釧路市音別では桜の便りがありましたので、こちらもまもなくでしょうか?



今日のレッサーパンダ運動場
アスナロとシンゲン
手前は竹を食べるアスナロ、後ろはそれを見つめるシンゲンです。

リムとレラはというと
新しいおへや
部屋が移りました。
担当者が造作の上、元々コキンがいた部屋とヤマアラシがいた部屋を繋げて使用しています。

ここで改めて成長したリムとレラのお顔を確認しておきましょう。
リム
こちらがリム

レラ
こちらがレラです。
目の上の白い模様が違いますので、見比べてみてくださいね。

そしてTwitterにて短い動画がアップされていますが、4月29日にはヒツジの毛刈りが非公開で行われました。
毛刈り後のヒツジ
厚い毛がなくなりスリムになりましたね。
この身体ですので寒い日や雨の日には、早く収容することがあります。

おまけ
シマフクロウ1

シマフクロウ2
羽の手入れをしていましたが、気付かれました!