2021年3月のどうぶつえん日記

2021年3月27日(土曜日) 

数回前の日記に、今シーズンの冬、ほとんど防寒着を着ていない中の人がいると記載しましたが、
確認したところ1回も防寒着を着ていないことが判明しました。
風邪もひいてないんですよ!

それでは3月3日の写真を見てみましょう。
冬景色

説明が必要ないぐらいの真っ白ですね。
確か雪が降り積もった日だったと思います。

今日3月27日はというと
春ですね

ごくごくわずかな雪しか見当たりませんね。
一気に雪が解けました。

そして見つけたもの。
ふきのとう

ふきのとうです。
オスとメスがあります。これはどっちかな?

これを見ると、春、美味しそう、さらにあの曲をイメージするのは私だけでしょうか?

園内はだいぶん暖かくなっていますが、太陽が隠れたり、風が吹くとやっぱり寒さを感じますので、
温かい服装でお越しください。
また春休み期間に入り、ありがたいことに来園される方が増えております。
今一度、マスク装着やソーシャルディスタンシングのご協力をお願いいたします。
 

2021年3月25日(木曜日) 

最近は暖かいのでどんどん雪が姿を変えている動物園です。

写真は展示館向かいの猛禽舎から

【動物園】シマフクロウ

シマフクロウの「アオイ」です。
近づいても気にされなかったので写真を撮ってみました。

そして羽がきれいだなと思いましたので
拡大
拡大してみると、お腹あたりのふんわり感や翼との質感の違いなどがわかりますね。
たまに双眼鏡などで動物を見てみると楽しいかもしれませんね!

 


2021年3月18日(木曜日) 

お昼頃、ホッキョクグマはキロルとミルクがプールを交代で使っているため入れ替えをします。
 
おやつをもらえたキロル。
上手に前足を使って牛肉を食べました!

ペンギン舎をのぞいてみると…
 
あれ?いない…

 
と思ったら今日はもう寝室に入ってお休み中でした。



 

2021年3月13日(土曜日)晴れの日

今シーズン、ほとんど防寒着を着ないで仕事していた飼育員がいる動物園です。
今日はニホンザルの奥にある、ふくろうの森です。
種類が多いので一気に写真を出しますね。

エゾフクロウ
エゾフクロウ

コミミズク
コミミズク
オオコノハズク
オオコノハズク
ワシミミズク
ワシミミズク
シロフクロウ
シロフクロウ

写真はたまたま近くにいたのを撮りましたが、それぞれの個体はもっといます。
また、ふくろうの森では、北海道で見ることができる、
もしくは観察記録がある種類を展示しています。
よく見ると案外近くにいることがありますので、
ご来園の際には、頭上に気をつけながら是非じっくり観察してみてください。



おまけ
猛獣の担当者から、数度刈り終えた猫草をもらいましたので

クジャク
クジャク
パツッ、パツッと音を立てながら食べていました。

モルモット
モルモット
よってたかって食べていました。





 

2021年3月8日(土曜日)雪解け

北海道ゾーンの木道にはカラ類が数羽遊びにきていました。

 
シジュウカラが何か探しています。

 
シマエナガもせかせかと枝を渡ったあと湧き水で水浴びしていました。

 
今日は日差しが暖かいのかごろごろしているミルク。
 

グラントシマウマの小夏も日向ぼっこしていました。





 

2021年3月1日(月曜日) 暖かい日 今夜から明日は大雪?

3月に入ったことですし、そろそろ雪ではなく雨が降ってほしいですね。
釧路ではまだまだ難しそうです。

今回はキリンさんを見てきました。

右がお父さんのスカイ、左がコハクです。
大きくなったかな?

そしてお母さんのコハネ。

長い舌で木を舐めて、その後は
 

雪を食べていたようです。
後ろに小さく映っているのは寝室に帰りたそうな?グラントシマウマ「小夏」です。

これからの季節は路面がまだ凍ることがありますし、
シャーベット状の雪も、アイスバーンのように滑りますので、
ご来園の際はくれぐれもお気をつけください。
またマスクの着用も、よろしくお願いいたします。

このページの先頭へ