2020年10月のどうぶつえん日記

10月27日(火曜日)

朝イチは薄手の防寒着が役立つようになりました。

またかと思われるかもしれませんが
 
紅葉はほとんど散ってしまいました。
まもなく11月ですからね。


11月というと真っ先に思いつくのは
 
遊園地が11月3日で今季の営業を終了します。
春と同様、混雑や密を避けるため、
遊園地まつりは行いませんのでお間違えありませんようお願いいたします。


そして新型コロナのせいで出番がなかったのは
 
アルパカのルビーです。
例年であれば春の遊園地まつりとともに園内での散歩が始まり、
秋の遊園地まつりで終わりとなるのですが・・・。
来年はできればいいですね!

釧路の秋は特に夕陽がきれいです。
動物園の閉園後の時間となりますが、
お好きな場所からご覧になってみてくださいね。


おまけ
 
クマタカの錬(れん)です。
これもまた新型コロナの影響で実施できるか不透明ではありますが、
年明けのフライトガイドに向けて、お客様からは見えない事務所裏で
担当者の腕に乗り散歩(据えまわし)しているところです。







 

10月24日(土曜日)秋晴れ

昨日は風雨がひどかったですが、今日は午前こそ曇りがちでしたが午後からは晴れ渡っていました、

 
紅葉具合ですが上の方はなくなりましたけど下の方は残っています。

 
こんな感じです。


今朝のオタリアのトキくんです。

となりのうるると子どもを気にしています。


園内は落ち葉が多いです。
係の方が一生懸命掃除をしていますが追いつかないこともあります。
葉が濡れていると大変滑りやすくなりますので、動物園にお越しの際はお気をつけ下さいね。




 

10月19日(月曜日)秋深まる

最低気温が氷点下になることもある動物園です。
毎回しつこいようで申し訳ないのですが



ここまで紅くなりました。

しかし木の中はというと
 

 

写真のようになっています。
レッサーパンダも写っていますので探してみて下さい。
今週末には・・・どうでしょうね?


キリンの担当者に最近の様子を聞いてきました。

 
写真左側手前のコハクは元気にしていますとのことでした。


閉園後、猛獣舎の様子を見に行くと…
夕方のエサを食べ終わってのんびり過ごすライオン親子。
お隣のアムールトラ「チョコ」はおててを枕に寝ていましたよ。






 

10月13日(火曜日)紅葉進行中

 昨日は夜に風雨がありまして
 
運動場は落ち葉だらけです。


園内の紅葉具合ですが
 
レッサーパンダ舎は色づきがはっきりしてきました。

 
ペンギン舎前からホッキョクグマ舎を見てみるとこのような感じになっています。
例年よりはまだ緑が多い気がします。


おまけ
 
オタリアの「うるる」と子どもです。
大きくなったかな?




 

10月8日(木曜日)実は・・・

前回書き忘れていたのですが・・・
私、見たんです。
別な職員も見てしまったのです。
雪虫が飛んでいました。

さて本日の紅葉具合ですが

 
色づきが広がってきましたね。
真っ赤にはまだまだでしょうか。

そしてオスのクジャクです。
 
朝イチのエサをついばんでいます。
ちなみに鶏用のエサ、水鳥用のエサ、レタス、コマツナなどの野菜などを与えています。
コールダックも同様です。
尾羽がないとすっきりして見えますね。

おまけ
 
昨日の閉園後のオタリア、トキです。
前ヒレで水をバシャッとやって、
また少ししてからバシャッっと写真のようにやっていました。

最後に!
10月15日から開園・閉園時間が変わります。
午前10時開園、午後3時30分閉園となりますので、
お間違えのないようお願いいたします。
またお車でお越しの際は、特にエゾシカが出没することがありますので、
事故にはお気をつけ下さい。





 

10月2日(金曜日)紅葉情報

10月に入りました。
特に何も思い浮かばないので、さっそくですが動物園の紅葉具合です。


レッサーパンダのところは若干色づきはじめました。


近づくとこんな感じです。
右下にいるのは、アスナロです。
 

ワピチ・エゾシカからサル山前ステージにかけての通路です。
赤い葉のエゾヤマザクラは結構散りはじめています。
ミズナラはまだ青々としていますがドングリがたくさん落ちているところをみると、
そろそろ色が変わるかな?と思っています。

このページの先頭へ