2020年8月のどうぶつえん日記

8月25日(火曜日)まだまだ暑い!

今日も暑い日が続きます。
と、いっても本州に比べるとそこまで気温が上がってはいないのですが、
少し暑くなるとすぐに動物も人間もへばります。

さて、当園のシマフクロウは現在18羽飼育しています。
お客様にご覧になっていただいているシマフクロウは7羽ですが
バックヤードには11羽います。
その中の1羽「コロロ」の食事の様子です。

魚を主食にしているシマフクロウのエサは水のバットの中に入れています。
ねらいを定めて‥



えい!


明るい時間にお食事するコロロでした。




 

8月13日(木曜日) 暑い!


釧路にしては真夏を感じさせる暑さが続いています。
そんななかですが、


こどもどうぶつえんにいる今年6月26日のインドクジャクです。立派な羽ですね。

そして8月13日の様子はというと
 

立派な羽がほとんど落ちてしまいました。
これからどうなるのかというと、また新しい羽がのびてきます。


おまけ

 
たくさん抜けたのがおわかりいただけると思います。
もっとマシな入れ物はないの?と言われたのですが、貧乏性なものでして。
少しの間、展示しておきますが、いずれ学芸員が持ち去る予定です。

ちなみに
 
今時季に羽を広げると写真のようになります。
残っている羽もまもなく抜け落ちることでしょう。


さて、今日はチンパンジー「ゆづる」の5歳の誕生日でした。
お誕生日を覚えてくださってお祝いしてくださるお客様もいらっしゃいます!
今年はお客様から梨やマンゴーを頂きました。
ありがとうございます。
小さい頃はおとなしく、母親にべったりなゆづるでしたが、
順調に大きくなり、現在体重は18.4kg。
見た目も性格もすっかりオスらしくなり、展示場を元気に走り回る姿がよく見られます。
お父さんの「ゆみのすけ」と追いかけっこをするのが好きなゆづる。
小さいときはゆづるが追いかけてもらう側だったのに、
最近は逆にゆづるがゆみのすけを追っていることもあります。
お父さんと息子の力関係が逆転する日も近いかもしれません。

 
暑いので飼育係から氷をもらいました。
すっかりお兄ちゃんになりました。

 
こちらは妹。
生後8か月です。
8月末まで愛称募集中ですよ!(愛称募集についてはこちらをご覧ください


お隣のボルネオオランウータンの「りな」。
6歳を迎えましたがお母さんの「ロリー」と一緒の寝室に入るとおっぱいをちゅぱちゅぱ。
まだまだ甘えん坊さんですね。







 

8月6日(木曜日) 暑いですね…

ここ最近は気温が高めで湿度が高いです。
特に飼育員がくたびれています。

今年生まれた動物たちの最近はというと

 
北海道ゾーンにいるシマフクロウ、トカチとムム、そして左が今年生まれの子です。8月2日の写真です。よく大きいと言われています。順調に成長しているようですね。


こちらは8月6日のオタリア、うるるとプールにいる子です。泳ぎ方が上手になってきたかな?
プール清掃の時などは、ご覧になれない場合もありますのでご了承ください。


こどもどうぶつえんにいるクジャクですが、背中から生えた美しく長い羽(上尾筒といいます)が抜けはじめ、既に1/3程の上尾筒しか残っていません。羽を広げる回数もめっきり減っています。
このまま全部の上尾筒が抜けて、また春に向かって伸びてきます。

8月8日(土)は今年最後の夜間開園となりますので、マスクをご持参の上、どうぞお越しください!





 

8月1日(土曜日) 暑中お見舞い申し上げます

 

(8月1日のレッサーパンダのオス「シンゲン」)

このページの先頭へ