2020年5月のどうぶつえん日記

5月21日(木曜日)珍しいお客様

園内はお客さんがこないのでとても静まり返っています。
と、思ったら別なお客さんがいらしていました。


バーべーキューコーナーでくつろいでいました。


桜の花も見学。


少し遠くからニホンザルを見学しました。


頭が赤くないのでまだ大人のタンチョウではありません。
入園料は無料となっております。(笑)



 

5月15日(金曜日)


モルモットのお母さんと子どもたちです。




 

5月13日(水曜日)

暖かくなってきました。園内の桜もちょうど見頃を迎え,
園内が華やいでいます。


桜に野鳥もたくさん遊びに来ていました。写真の真ん中
あたりに野鳥が隠れていますよ。ヒヨドリですね。


桜の他にも,いろいろ。
↓キタコブシです。


ホッキョクグマ舎の近くできれいに咲いています。
「写真撮ってるの~?」とミルクがのぞいています。



↑エンコウソウ。漢字で書くと猿侯草。茎がテナガザルの
手のように伸びるのでこの名前になったと言われています。
湿地に生える植物です。園内では,木道散策路や
「とりみロッヂ」横で見られます。


↑エゾエンゴサク。
園内のあちこちで見られますが,類人猿舎近くの草地は
見事な群落です。


↑レンプクソウ。
漢字で書くと「連福草」。縁起がよさそうな名前ですね。
つぼみも花も緑色で見つけにくいかもしれません。
草丈もとても小さく,かわいらしい植物です。


~おまけ~
バックヤードにいるヒツジのオス「ナルト」です。
乾草をおいしく食べているところです。






 

5月11日(月曜日) 暖かな一日

今日の1コマです。


横になっているところを。

 
足にチーズを持ちながら。





 

5月9日(土曜日)陽気につつまれました

久しぶりにワピチ方面へ行ってみると、すでに桜が咲いていました。
例年より少しだけ早い気がします。
この記事を書いている時点では釧路市で開花宣言は出ていませんが、
きっと、まもなく市内でも開花ですね!
今年は日本で1番遅い開花になるでしょうか?






 

5月8日(金曜日)ヒツジの親子

皆様ご存知かと思いますが、休園が続いております。

早速写真ですが、
 
ヒツジの親子です。
4月21日生まれで、通りかかったら外に出ていました。
首輪をつけている子がメス、もう1頭がオスです。
小さいうちは跳ね回ることがあり

 
奥の子は完全に足が浮いていますね。
とても元気です。

 
ヤギたちは写真のように相変わらずですね。

おまけ
 

よく見ると子どもの口が開いているのがわかりますか?
かん高い声で鳴いているところです。




 

5月3日(日曜日)休園が続いていますが・・・

釧路市動物園では、緊急事態宣言の継続に伴い5月15日まで休園が続きます。
今のところ、動物たちに変わった様子はなさそうです。
(個人の感想です)

それでは気温が上がった5月3日の動物たちの様子です。


朝、猛獣舎の前を通ると、ライオンのオス、ゆうひが気持ちよさそうに寝ています。
ちょっと早すぎやしませんかね?

そしてお隣のアムールトラ、メスのナージャです。
運動場には慣れたようです。


緑色のおもちゃで遊んでいましたが、こちらに気をとられている間に、
おもちゃが落ちてしまい、しばし固まっていました。ごめんね。
 

ですが気を取り直してこちらに寄ってきてくれました。


そしてレッサーパンダのシンゲンくんですが、


大きなあくびをして

 
前足をだらんと下げて・・・
おやすみなさい。




 

5月1日(金曜日)

釧路市の定期人事異動が行われ、動物園でも異動がありました。改めて動物たちと中の人ともども、よろしくお願いいたします。

最近の動物たちはというと暖かい日が増えてきたので


キロルが日陰で大きなあくびをして


そのままおやすみです。

 
菊丸くんです。夜行性なので午前中は休んでいました。
静かに近づいたのですが起こしてしまいました。
 

写真が1日分のエサです。さらに担当者が毎日取ってくる柳も与えます。


そしてトナカイ。日差しが強かったので、みんな日陰でお休み。

おまけ
今日も担当者の長靴を虎視眈々と狙っているコールダックのオスです。

このページの先頭へ