2019年12月のどうぶつえん日記

12月27日(金曜日)来年の干支は・・・

お正月といえば干支の動物が活躍しますね。
イヌ、イノシシとなかなか干支の動物がいなかった釧路市動物園ですが来年は「ネズミ年」!
ネズミの仲間といえば

アメリカビーバー

 食べ終わった木を集めて巣を作っていました


アフリカタテガミヤマアラシ
 
寒い釧路でもがんばってます。
でも、中にストーブがあるのであまりの寒さのときには
寝室に入ってしまうのでご了承ください。


エゾリス
 
暖かいときには出てきますが…寒い日にはなかなか出てくれません。
悪しからず。


エゾモモンガ

仲良しのミソとナシオ。
寒いので2頭一緒の巣箱で過ごしています。
夜行性なので昼間は会えませんが、
飼育係がお掃除をしているときにもしかしたら会えるかも!?


モルモット
今年もたくさんふれあいに来てくださいまして
ありがとうございました。
来年も動物園にたくさん遊びにきてくださいね!
 

年賀状用に撮影スポットをつくっています!
まだの方はぜひモルモットの写真を送ってみては!?
年が明けてからも少しの間設置していますので
ぜひお立ち寄りください。

釧路市動物園は年内の開園は12月28日まで。
年が明けてからは1月3日から開園します。
今年も大変お世話になりました。
どうぞよいお年をお迎えください。





 

12月23日(月曜日)足跡

園内も雪がつもりました。
お客様が通るところは除雪しておりますが、足元には十分お気を付けください。

さて、動物舎の中はどうなっているかのぞいてみると…


クマタカ舎横のシマフクロウ舎に何者かの足跡が…
よ~く見るとこれはシマフクロウの足跡でした。
普段は動かないし、鳴かないし、飛ばないシマフクロウですが、
夜には下に降りてなにか探し物でもしているのでしょうか?
みなさんものぞいてみてくださいね。

ちなみにプールの横に立っている止まり木は「体重計」になっています。
外にある計測器でレシートに体重が書かれているので見てみてくださいね。
(角度によっては数字を見ることができないときがあります。ごめんなさい(;’∀’)




昼は寝ている…ように見えますが、こちらをちゃんと見ています。

木道にはこんな足跡が。

 
ネズミが歩くとしっぽをひきずった跡が残ります。
他にどんな動物たちが歩いていたのか探してみるとおもしろいですよ。




 

12月19日(木曜日)クリスマスといえばトナカイ…の角

今年生まれのトナカイの子どもたち。
左が「澄川(すみかわ)」、右が「ひかり」です。
5月11日と5日生まれの2頭。
角を見比べてみてください。


澄川は片方の角が折れてしまい、1本角です。
ひかりは小さいながらも枝分かれしているのがわかりますか?
体格も違うので栄養状態によって角も変わるのですね。
ちなみに、エゾシカは生まれた年はオスでも角が生えません。



 

12月4日(水曜日)休園日

ご存知の方も多いと思いますが、釧路市動物園では12月から2月は毎週水曜日が休園日となります。
今季初の休園日だった12月4日の動物たちの様子です。



ホッキョクグマはいつもと変わらないでしょうか?
強風で体感的にとても寒かったですが、
やっぱりホッキョクグマには関係なさそうですね。



さらにウサギ舎ではウサギの親子展示をしています。
本当は3羽いますが、乾牧草の中に隠れていて出てきませんでした。
普段から隠れていることが多いです。

まだ積雪はありませんが、その分、寒さを強く感じます。
頭の先から足下までがっちりまかなって(北海道弁かな)お越し下さい。

なお年末年始は12月29日から1月2日まで休園となります。
お間違えのないようお気をつけください。




 

12月2日(月曜日)


私はだ~れだ。










エゾモモンガのナシオでした。


日中、雪がちらつく園内。
夜行性のエゾモモンガのミソとナシオ。
みんな元気に過ごしてまーす!



 

12月1日(日曜日)2020年まであと一か月!

来年はおいらたちが干支らしい。
12年に1回だから、忘れずに会いにきてね!
お正月は3日から開園!

 

このページの先頭へ