2019年10月のどうぶつえん日記

10月30日(水曜日)

今年は未だに厳しい冷え込みもなく。遅めの秋たと感じていましたが、
レッサーパンダ舎はというと・・・



先週末には殆どの葉が落ちてしまっていました。
そして園内では、ミズナラの葉に続いてマツの葉が舞い散るようになりました。
自然は人間よりも敏感にこれからの季節を感じでいるのですね。





 

10月24日(木曜日)

秋深き隣は何をするアザラシぞ

 
写真は、うるる




 

10月23日(水曜日)

朝晩は寒く日中は暖かい頃合いとなっている動物園です。
さて本日のレッサーパンダ舎の紅葉情報です。



だいぶん真っ赤になってきました。
木の中の方はまだうっすらと黄色があります。
このグラデーションがきれいですね。
天気予報では雨は降らないようですので、
ぜひレッサーパンダと紅葉、園内の秋の様子を見に来てください。


(おまけ)

昨日10月22日(火)の様子です。
(たぶんシンゲン)




 

10月18日(金曜日)

もうすぐハロウィンですね。
ボランティアさんからハロウィンカボチャを頂きましたので
展示しました!
西門と正門に2つずついますよ。





 

10月12日(土曜日)


新しいトナカイのオスが幌延の牧場からやってきました。
立派な角は車で移動するには危険なため、切ってしまいました。

利口、筋肉質、堂々としているという飼育係の感想。
幌延から釧路までの長旅に疲れているようにもみえましたが、
到着してしばらくの間、落ち着いて青草を食べていました。




 

10月11日(金曜日)

雪虫が姿を見せるようになりました。
本日のレッサーパンダ舎紅葉情報です。


色づきが進んできていますね。
来週は最低気温が5℃以下になる予報ですので、
寒暖の差が広がりますから、一気に紅葉が進むかもしれませんね!



 

10月10日(木曜日)

今年の4月4日、7日に生まれたバック―ヤードのシマフクロウのつがいのヒナの様子です。
すっかり大きくなりどれがヒナかわからなくなりました。

 
左からフラト(父)、ラライ(母)、ヒナ2羽



エゾリスの空中トンネルの様子です。
トンネル通行中に飼育係を発見!









ちょっとずつ近づいてきますが、こっちには来ないポップでした。




 

10月2日(水曜日)

釧路にしては暖かい日が続いています。
さて10月2日(水)のレッサーパンダ舎の紅葉具合報告です。
木の中のごく一部が赤くなっていますが、
全体的にはほんの少し黄色の葉が目立ちはじめました。
来週は・・・どうでしょうね?

 

このページの先頭へ