2019年4月のどうぶつえん日記

4月30日 春はあけぼの









4月20日(土)

暖かくなったり寒くなったりの動物園です。
今日はワピチとエゾシカに柳の木を与えました。
まだ草食動物が食べられる草が伸びていないので、いつもよりもよく食べています。
普段は地面に置くだけですが、時間がある時は屋根のパイプ部分を利用して写真のように与えています。

野生下で木の葉や枝を食べる時と同じようになるよう、エンリッチメント(動物たちが健康的な生活を過ごせるような環境をつくること)的なことを考えてこのようにしています。


 
写真は、アルパカのお散歩でお馴染みのルビーです。
かわいいしっぽをよく見てください。いつもと変わらないような気がしますが、実はしっぽが上がっています。
うんちやおしっこをする時だけ上げるのでなかなかご覧になることが少ないかと思います。


 
みんなこっちを向いていたので載せてみました。
右からルビー、シャーロット、エルシー、トパーズです。


 
こどもどうぶつえんにあるヤギ・ヒツジ舎にはヤギ用の台があります。
ヒツジと違って高いところや狭い足場でも気にせずヒョイヒョイと登ったり歩いたりできますので、気が向くと写真のように上がっています。


 
晴れ渡る青空を背景にポーズを決めてくれましたので、おまけ写真です。






4月17日(水)気温が上がりましたね!

ずっと寒い日が続いていましたが、今日は鶴居村では27℃を記録し動物園内も暖かくなりました。
少しずつエゾアカガエルの鳴き声が聞こえていましたが、
今日はよく鳴く声を聴くことができました。



フクジュソウは3月末には咲いていましたが、最盛期を過ぎました。
シマフクロウ舎の前にあります。


動物たちも日光浴しながらのんびり過ごしていました。
仰向けに寝るオタリアのオス「トキ」


 
パクパクタイムで腹ごしらえしたライオンのオス「アキラ」は、閉園後すっかり熟睡していましたよ。



もうすぐ10連休ですね。
動物園では準備をしてお待ちしております!

このページの先頭へ