2019年3月のどうぶつえん日記

3月26日(火)まだ朝晩は寒い釧路市動物園です
今朝、トナカイ舎で落とし物を発見!

 
メスの角が落ちていました。
春になるとトナカイのメスたちの角が落ちてきます。
自然に落ちるので、その瞬間を見られたらラッキーですね。
トナカイというと大きい角をイメージされる方も多いと思います。そこで去年生まれのもう少しで1歳になる子を見てみると

 
2018年生まれのオス「真剣佑」です。
(3月26日に左角が落ちました!)
複雑な形ではなく1本だけまっすぐになっていますね。これが年齢を重ねると、だんだん枝分かれして複雑で大きな角になります。
メスの角よりもオスの角の方がとても大きいのですが、
 

昨年末にはもう角が落ちてしまっています。これは例年どおりです。
そして角がある部分に、こげ茶色の突起が見えますが、これが秋に向かってどんどん伸びて大きくなり、最終的にはこげ茶色の皮が剥けて、いわゆる角の状態になります。
特にオスは伸びて大きくなる速度が早いので、お越しになる度に観察いただければと思います。


春はあけぼの。 やうやう白くなりゆく…
(夕方の写真ですけどね)





3月26日(火)春

まだ雪が降り積もることもありますが、
次の日には、とけてなくなってしまうようになってきました。
動物たちも春を感じさせるようになっています。



こどもどうぶつえんにいる、インドクジャクのオスです。
とてもきれいな羽で、体よりとても長くなっています。
この羽はずっと長いままではなく、秋頃には抜けて落ちてしまいますが、
恋の季節である春に向かってまた生えてきます。
ゴールデンウィーク頃には羽を広げている姿をご覧になれるかと思います
が、こればかりはクジャクの気分次第ですので、、、ね。






3月18日(月)コミミズク「ハッチ」のフライトガイドはじめました



3月16日から毎週土・日曜日の午後2時30分から、
コミミズクのフライトガイドを行っています。
その主役が上の写真、ハッチくん(♂)です。

飼育員がガイドをしながら目の前を飛行しますので、
コミミズクはどうやって飛ぶのかな?
どこを見て飛ぶのかな?
飛んでいる時はどんな音がするのかな?
などなど、実際にご覧になってみて下さい。

事故防止のため飛行中は写真やビデオカメラの使用をご遠慮いただいておりますが



ガイドの最後にはハッチくんと並んで写真撮影ができますので是非どうぞ。
動物の体調などにより中止になることがありますので
ご来園の際、どうしても見たいわ、という方は事前にご確認くださいね。

なお4月10日以降の土・日曜日は、開園時間の変更に伴ってフライトガイドの時間も変わりますので、詳しくはここら辺をクリックしてページ内を探してみて下さい。

なおフライトガイドは



類人猿舎で行っています。
皆さまのご来園をお待ちしております。






3月4日(月) 暖かい日差しになってきました


さっそくですが写真はワピチ・エゾシカ舎の裏側です。何が写っているかわかりますか?



野ネズミです(ドブネズミではありませんよ)
動物園では時々見かける種類です。
最近は暖かくなったかと思えば急に寒さがぶり返したり、
春の訪れを感じはじめていますが、
このネズミも春の陽射しを浴びてのんびりしていました。
近づいても逃げないので触ってみましたがやっぱり逃げず。
そのうちいなくなりました。






3月3日(日) オランウータン「ひな」9歳誕生会

今年の3月1日で9歳になりました。

 
誕生日に合わせてたくさんの果実、おもちゃをいただき本当にありがとうございます。
そして変わらぬご支援に感謝いたしております。
「ひな」は現在体重48Kg。ちょっとだけダイエット中です。


 
3月3日は「ひな」の誕生会、お客様から頂いた果実でケーキと果物の盛り合わせを作りプレゼント。ろうそくにはミツロウで出来たクレヨンを9本、後で画用紙を与えました。上手に描くんですよ。
毎年ケーキを作っているのですが、まったく成長が見られない出来栄えです。


 
いただいた玩具と現在同居展示している「りな」の分も作りプレゼント。母親「ロリー」とも同居展示したいのですが「ロリー」が「ひな」に対して攻撃的な為同居を見合わせています。「ひな」「りな」同居の時は「ロリー」は寝室にいます。私のケーキを作る腕前がすばらしいので無駄にした果物はほとんどロリーの腹の中に入ることに。いただいた果物を一番多く食べたのは「ロリー」かな。


 
ケーキを食べている写真を撮影していなく申し訳ありません。
左が「ひな」右が「りな」です。与えた画用紙をバラバラにちぎった後の写真です。
「りな」は現在5歳、体重は約24Kg相変わらずヤンチャ娘です。
人工哺育の「ひな」がオランウータンとしての学習の為に昨年の10月12日より同居を開始しました。母親ではない大人の雌との関わりは「りな」にとっても大きな学習の場になると思います。


 
最初は「ひな」、「りな」どちらも扱い方がわからず、取っ組み合いが多かったのですが「ひな」は小さな「りな」に対して手加減をしながら相手をしていました。
現在はとても落ち着いて過ごしていますよ。たまにレスリングをしたり食べ物、おもちゃの取り合いをしたり、たいていは「ひな」が譲るのですが….
暖かくなると室外展示場での同居展示、二頭どのように過ごすのか楽しみにしています。

このページの先頭へ