2019年1月のどうぶつえん日記

1月16日(水)休園日のこと

ご存知の方が多いと思いますが休園日も職員は仕事に来ています。
そして動物たちもいつもどおりです。


普段は午後1時30分からおこなっているフライトガイドのクマタカ「錬」。
お客様がいないときも練習をしています。



クマタカのフライトガイドが終わった後は
3月下旬からコミミズク「ハッチ」のフライトガイドをおこなう予定です。
今は事務所の園長の横にハッチ専用止まり木を置いて人に慣れるためのトレーニング中です。



そして少しずつ人からエサをもらう訓練をしています。



北海道ゾーンの木道も植物たちは冬眠状態です。
冬の景色に鳥たちがとても観察しやすいです。



お休みの日も動物たちと中の人はいつもどおりです。
園内は15日の雨で滑りやすい所がありますので、滑りにくい靴をお履きの上でお越し下さい。




おまけ。


そり山を作成していますが、大型車両が通りますので休園日にやっています。
しかし今のところ釧路は雪が少ないので、途方に暮れる職員たちです。
完成したらホームページやSNSでお知らせいたします。






1月3日(木)あけましておめでとうございます

2019年は1月3日から開園いたしました。
お正月ということでタンチョウの専門家である園長が
タンチョウ観察広場で北海道ゾーンワンポイントガイドを行いました。
また写真はクマタカのフライトガイドの様子です。

クマタカフライトガイド

とても分かりにくいですが一応写ってます。
一富士二鷹三茄子と言われますので、ね。
動物園の最低気温は-12度と相変わらずの冷え込みでしたが、
400名を越えるお客様にご来園いただきました。
今年もどうぞ動物園に足をお運びくださいますよう、お願いいたします!

このページの先頭へ