2018年2月のどうぶつえん日記

2018年2月22日(木曜日) 来更着


大変冷え込む日が続いていますが、日差しが徐々に強くなりました。
日中は気温の割には暖かく感じます。
まあ、風はまだ冷たいのですが。

 
お昼過ぎ、上陸して日向ぼっこをしているオタリアたちです。
トキ君がだいぶ大きくなったように思います。
タテガミのボリュームも増してきたような。



レッサーパンダ舎にて

 
お散歩中のコーアイ。


ちょっと神妙な顔をしているシンゲン君。
実は用足しをしているのです。



遅ればせながら、先日の2月11日に、「コキン」と名前が決まりました。
たくさんのご応募をいただきました。
また、命名式へも大勢ご参加くださいました。
ありがとうございました。

 
コキンは体もだいぶ大きくなり、元気いっぱいに過ごしています。
このまますくすく元気に成長してくれることを願っています。



さて、その陰で。

 
シマフクロウの子も、愛称の募集を行っています。
もうすっかり大人と同じ大きさになり、一目では子供とは分からなくなりました。
今はサル山となりの、猛禽舎で暮らしています。
募集は4月8日までなので、まだの方はご検討ください。


また、今月25日には、動物園のひな祭りを行います。


展示館に、卵を利用したお雛様を展示していますので、ぜひご覧ください。
当日は、オランウータンのひなちゃんの誕生会、動物の耳クイズラリー等、
イベントも行われますので、皆さまご参加くださいますよう。

陽射しは春めいてきましたが、まだ寒く、道路も凍結する今日この頃です。
安全運転で動物園までお越しください。


おまけ

 
氷の上でごろごろするキロル。
実に気持ちよさそうです。