2016年5月のどうぶつえん日記

2016年5月26日(木曜日) 玄鳥来る


今日は少し涼しい日です。
暑くなったなあと思っていたら、急に涼しくなりまして。
コロコロと気候が変わります。



事務所の隣に生えているエゾノコリンゴの花が満開になりました。
あと1か月程度で、エゾシロチョウが舞う季節になりますが、今年はどうでしょうか。


そういえば先日から、事務所裏の休憩スペースのところで、ツバメが巣を作り始めています。
どこかから泥を運んできて、せっせと増築しています。


これが先週の金曜日


これが日曜日の様子です。


今日で6日目。
増築は順調なようです。

無事に繁殖できるといいですね。



 
柵越しですが、仲のいい様子のアミメキリンのスカイとコハネ。
スカイがコハネのにおいを嗅いだり、タテガミをちょっとかじってみたり。

ときどき、右の写真のように、上唇をめくりあげています。
これはフレーメンと呼ばれる、臭いに対する反応で、馬など数種の哺乳類でよく知られています。

鼻の中に鋤鼻器(じょびき)という器官があって、これはフェロモンなどを感じ取るのですが、
ここに臭い物質を多く取り込むために、このような反応をすると言われています。

異性の尿などを嗅いだ時によく起こると言われますが、その他の臭い(タバコや油など)に反応することもあるようです。

まあ、スカイ君もそろそろお年頃と言うことなのでしょう。
大きくなるまでもうちょっと待ってね。

なお、どうでもいい話ですが、人間ではこの器官は退化しているので、この反応は起こりません。


 
トナカイ舎にて、親子がのんびりと寝そべっています。
そのうち起き上がって、授乳が始まりました。

トナカイは今月の初めに3頭が誕生しています。
まだ小さいですが、元気に親のあとをついて駆け回っています。



類人猿舎にて、今日は段ボールを入れてもらっていたオランウータンのりな。
中の人が見に行ったときには、かなりバラバラにしていましたが。
かぶったりちぎったりしながらよく遊んでいました。

 
チンパンジーの赤ちゃんは、今日は疲れていたのか、よく寝ています。

 
左が8月、右が12月の写真です。
こうしてみると、だいぶ大きくなったと思います。



6月5日まで、愛称の募集を行っていますので、類人猿舎入り口にて、応募用紙にご記入ください。
ふるってご参加くださいますよう、お願いいたします。




2016年5月24日(火曜日) 目に青葉


今日もいい天気で、暖かい日です。ただ、風があると少し涼しく感じます。
午後に少し、園内を歩いてみました。



猛獣舎にて、寝そべるカフカ。
落ち着いた様子です。


 
ニホンザルの赤ちゃんが、だいぶ活発になってきました。
親にちょっかいをかけ、そのあと走りだします。


すぐに親が捕まえに行きました。
だんだんとやんちゃになってくるころです。



園内では、花の季節が移ろっていきます。

 
ニリンソウ(左)とオオバナノエンレイソウ(右)。
この2つはそろそろピークでしょうか。
緑の葉に大きな白い花が映えます。


クロユリが咲き始めました。
白鳥池からシマフクロウのケージに行く道筋に多く生えています。



木道沿いでは、エンコウソウが咲き始めました。
湿ったところを好む種で、黄色い可憐な花が目立ちます。



エゾヤマザクラがほぼ終わり、エゾノウワミズザクラが咲き始めています。
同じバラ科なのですが、花の色や付き方が違うので、違う仲間のようにも見えます。



道ばたに目立つようになってきたエゾオオサクラソウ。
ピンクの花が目を惹きます。



こちらはツマトリソウ。
木々が葉を伸ばす頃に咲き始めます。

若葉が伸びてきて緑が増え、園内の印象もガラッと変わってきました。

ホトトギスも初鰹もありませんが、それはそれとして、春の動物園へどうぞお越し下さい。





2016年5月14日(土曜日) 山桜


ポカポカとして、いいお天気の日でした。
根室でも開花宣言が出て、釧路でもサクラがほぼ満開に近づいています。


ホッキョクグマのキロル君は、昨日も部屋に入ってくれませんでした。


開園直後くらいの様子です。
入り口の前で座り込んでいます。


こちらは午後、砂場からプールに向けて歩いているところです。

スムーズに出入りできるようになるには、まだもう少しかかるようです。
気長にお待ちくださいますよう、お願いいたします。


今日はレッサーパンダのパクパクタイムをのぞいてみました。


こちらはメイメイ。お歳なので一人、悠々自適に過ごしています。
珍しく起きていました。



コーアイがリンゴをもらっています。


その奥の枝でたれていたシンゲンですが、
そのうち起きてきました。



リンゴが欲しくて立ち上がっているところです。



うさぎドームをのぞいてみました。


会いに行くと、ポースを採ってくれたアオメキバタンのしんちゃん。
今日はごきげんだった様子。


陽を浴びるテンジクネズミたち。
相変わらずにぎやかにおしゃべりしています。


先月から、ウサギの子どもが生まれています。
ケージに入れて親子で展示をしていますので、静かにご覧ください。
なお、親や干し草に紛れて、子ウサギが見づらいこともありますが、ご了承くださいますよう、お願いいたします。


暖かいからか、ウトウトしていることもあります。

ふれ合いの際は、追いかけ回したりせず、優しく触ってあげてくださいね。


 
ヤギとヒツジの子どもが、だいぶ大きくなってきました。
親のあとをついて、元気に歩いています。



園内のエゾヤマザクラもようやく咲き、ほぼ満開になりました。

春の動物園へどうぞお越しください。


久方の雲居のどかにいづる日の ひかりににほふやまざくらかな (兼好法師集:兼好)



2016年5月12日(木曜日) ごろ寝日和


天気は回復しましたが、途中で陰ってきてちょっと肌寒い日でした。

連休が過ぎて、若葉が出たり花が咲いたり。
少しずつ色鮮やかになってきました。



道ばたにエゾタンポポが目立つようになりました。


こちらはカキドオシ(だと思う)。
背が低く、あまり目立たないのですが、ひっそりと咲いています。


ニリンソウの花もようやく増えてきました。



北海道ゾーンでは、ヤチボウズに新しいスゲが伸びてきて、茶坊主から緑坊主になりました。
たぶんカブスゲのヤチボウズ。


 
マユミ(左)とエゾニワトコ(右)の冬芽から、葉と花芽が伸びてきました。
あんなに小さな冬芽から、よくこんなでかいものが伸びてきたものです。
自然というものは、よくできているというか、不思議なものであります。



今週から、白鳥池でオオハクチョウの展示を再開しております。
今日は対岸にいて、近づいてきませんでした。
10羽いますが、岸に上がっているものもいるので、この写真には8羽しかいません。



猛獣舎にて、完全にリラックスしているライオンのゆうひ。


 
お隣でもウトウト、のんびりしています。



2日ぶりにプールに出たので、はしゃいでいるミルクです。

 
今朝までキロルが入室しなかったため、ミルクは2日ぶりのプールです。
予定していたプール掃除ができませんでしたが、まあ、仕方ありませんね。そういうこともあります。



2016年5月6日(金曜日) 視線の先に


今日もいい天気です。


午後に少し園内を歩いてみました。

 
アムールトラのチョコが何かを狙っています。

実は、アルパカのルビーが散歩で通りがかっていたのでした。
魅力的な餌に見えたのかもしれません。



精悍な様子のハクトウワシ



フクロウの森にて、巣に座っているワシミミズクのメス。
そっと覗いてくださいね。



相変わらず面白い寝相をしているヒグマのヤマト。
よく、ヒグマはもう1頭しかいないんですか、と聞かれることがありますが。
ちゃんと2頭います。



キチノスケは、現在、ちょっと仕切りをしたところに入っています。
収容に時間がかかってしまうためです。

どちらもお歳ですので、おやつに反応しない時もあります。
寄ってこない時もありますが、ご了承くださいますよう、お願いいたします。



こちらはちょっとボーっとしている、エゾクロテンのてんてん。
今日は部屋をのぞいても怒られませんでした。


 
ミヤマスミレ(左)とフッキソウ(右)
林床の花が少しずつ増えていきます。

今日はそういう日でした。



2016年5月5日(木曜日) こどもの日


昨日のどしゃ降りから一転、よく晴れた日でした。

 
プールで泳ぐフンボルトペンギン。
泳ぐ方向は割と揃っていて、だいたい同じタイミングでターンします。

中に一羽だけ上陸して休んでいる個体がいますが、別に調子が悪いわけではありません。
単に休憩しているだけです。



 
連休中なので、アザラシのパクパクタイムでは、お客様から餌をあげてもらいました。
楽しんでいただけたでしょうか。

 
サル山では、ニホンザルの赤ちゃんが生まれています。
今年の1頭目です。

まだ小さいので、母親にしっかりくっついています。
見つけづらいかもしれませんが、探してみてください。



壁に体をこすりつけていたアメリカバイソンのポロロ。
換毛期なので、かゆいのかもしれません。



トナカイにも赤ちゃんが生まれています。

生まれてすぐ、親のあとをついてちょこまかと歩くようになります。



類人猿舎にて、チンパンジーの赤ちゃんです。
一人で動く範囲がだいぶ広がりました。

先日から愛称の募集が始まっていますので、類人猿舎入り口の応募用紙をご利用ください。
たくさんのご応募をお待ちしております。


 
ホッキョクグマのミルクは今日も良く遊んでいます。

 
午後になってキロルが出てきます。
砂浴びをして真っ黒になっています。
その辺、ツヨシと似ているような。


前日まで天気が悪かったせいか、今日は多くのお客様がお越し下さいました。
ご来場ありがとうございます。

今後ともどうぞよろしくお願いいたします。