2016年3月のどうぶつえん日記

2016年3月24日(木曜日) 春は幻


今日は少し寒い日でした。


北海道ゾーンに、アオサギが帰ってきたようです。

まだ若葉の出ない林に、少しずつ巣が増設されていきます。
まだ数が少ないようなので、にぎやかになってくるのは今からでしょう。


春の花として、地味ではありますが。
ケヤマハンノキの花序がふくらんでいます。
高木なので、見上げていると首が痛くなるのが困りものです。



ネコヤナギに続いて膨らみ始めた、エゾノバッコヤナギ。
本格的に咲くのはもうちょっと経ってからです。


 
同じヤナギの仲間でも、オノエヤナギ(左)やイヌコリヤナギ(右)などは、葉が先に伸びるので、まだ硬い冬芽のままです。



先週、産卵はまだと書いていたタンチョウですが、その数日後には産んでいたようです。
いつの間にか巣ができていて、座り込んでいる姿が見えます。

ここのメスにしては、ずいぶん立派な巣ができていますが。
聞くところによると、オスがせっせと増築したそうです。



フクロウの森にて、ワシミミズクに威嚇されました。



彼らも繁殖期ですので、産卵が始まったようです。



春になり、鳥たちの産卵が始まっています。
巣に座っていたり、巣箱に入っていたり、種によって様々です。

鳥によっては、威嚇してくることもありますので、その場合は少し離れてみてください。
また、あまり驚かさないよう、静かにご覧ください。

あまりストレスをかけないために、ご配慮のほど、よろしくお願いいたします。



春になったなあと思っていたら、午後から雪が降りはじめ、あっという間に白い景色が戻ってきました。
暖かくなったり寒くなったり、しばらくはこんな感じで続くのでしょう。

風邪などひかぬよう、ご自愛ください。



2016年3月17日(木曜日) 雪がとけたら


だいぶ暖かくなり、雪も少なくなってきました。


ずいぶんと陽が高くなり、日中は気温も上がります。


北海道ゾーンにて


暖かいせいか、タンチョウがケージで座り込んでいます。


別に調子が悪いとか、卵を抱いているというわけではありません。
リラックスしているのです。


相方のメスは、餌を探しているのか、うろうろしています。
後方に、少し雑に草が集まっていますが、巣材なのかもしれません。

ちなみにこのメスの家系は、巣作りが割と雑です。


タンチョウの巣作りはそろそろ始まる時季で、早ければ3月中に産卵するものもいます。
ここのペアは早い方ですが、さすがにまだちょっと早いと思います。



木道に出てみると、雪が少なくなって、下にあるヤチボウズや枯草が見えてきました。
花々や若葉の彩りが加わるには、もう少しかかります。


そろそろ繁殖期が始まるらしく、小鳥たちのさえずりが始まりました。
活発に動き回り、にぎやかになってきています。


エサを探すコゲラ(キツツキ科)。
アカゲラよりも小さく、お腹も赤くないので地味な鳥ですが、背中のしま模様がきれいな鳥です。
「ギ―ッ」という、鋭い声で鳴きます。



こちらはキバシリ(キバシリ科)
キツツキと同じように樹登りをしますが、樹をつついて穴をあけることはありません。
細く、曲がった嘴をもっていて、樹皮の裏や、隙間にいる虫を捕まえて食べています。



こちらはエナガ(エナガ科)
ジュルジュルと特徴的な声を出し、よく群れで移動します。
枝の先で虫を捕ったり、樹液を舐めたりしています。



白鳥池のほとりで、ネコヤナギの花穂がふくらんできました。



日当たりのいい斜面で、ふきのとうが顔を出しています。
そろそろ花が開きかけているものもあります。



開きかけのフクジュソウも見つけました。


昨年よりも、2週間くらい早い気がします。
まあ、そういう年もあるのでしょう。
雪が少ないせいもあると思います。


雪がとけて、どうやら春がやってきたようです。
さて、今年の春はどのように進んでいくのでしょうか。
楽しみにしたいと思います。



2016年3月12日(土曜日) 啓蟄


午前中は晴れていて暖かかったのですが、午後になると陽が陰ってだんだん冷えてきました。
寒くなったり暖かくなったり、せわしい季節です。


北海道ゾーンの雪の上を、こんな虫が歩いています。
昨年も紹介した気がしますが、クロカワゲラ科の一種です。

春先によく出てくる虫で、水辺に居るのでアイヌ語では「ウォルンペキキリ」と呼ばれます。
まだ寒いので、虫の種類は多くありませんが、そろそろ色々なものが動き出しているようです。

 
オジロワシ(左)とオオワシ(右)
どちらも繁殖期に入ったからか、つがいの片方は、巣の中にいるようです。

動物園の上空を飛んでいることもたまにあります。
そろそろ、野生のものは北へ帰り始める時期ですね。



さて、類人猿舎に寄ってみました。


シロテテナガザルのオンちゃんとミク。
ミクがまともにこちらを向いている写真が久々に撮れました。
まあ、すぐに後ろを向いてしまったのですが。


今日もカゴを抱えているオランウータンのロリー


りなは今日はブイの中に入っています。
なんとなく得意げな顔。


午後になって、ひなが入れ替わりで出てきました。
やっぱりかごがお気に入り。



チンパンジーの赤ちゃんは、最初、リリーに抱かれて寝ていたのですが。
隣で鉄五郎が騒いだので、起きてきました。


 
生後半年が過ぎて、だいぶ活発になりました。
天井からぶら下がったり、梯子を登ってみたり。

右の写真で、よく見ると白い歯が見えています(ピンボケですみません)。
乳歯が生えてきたようです。


時々、こうやってぶつけていることもあります。
たぶん、歯が出てきていて、いずいのでしょう。

ますます元気にしていますので、ぜひ会いに来てくださいね。


さて。


お知らせしておりましたが、今日から、コミミズクの「コミタン」のフライトガイドが始まりました。


コミミズクの生態や特徴について、飼育員のガイドを聞きながら、コミタンの飛ぶ姿を間近でご覧いただくことができます。
音もなく、なめらかに飛ぶ姿をどうぞご覧ください。

類人猿舎の観覧通路で、ゴールデンウィークまでの間、土日の午後2時半から(4月10日以降は午後2時から)行います。
場所の都合上、最大60人までという制限があります。
また、コミタンの体調などによっては中止することもありますので、ご了承くださいますよう。

また、フライト中に大きな音を立てたり、急に動いたり、写真撮影をしたりという行為はご遠慮いただいております。
コミタンに負担をかけないために、ご了承くださいますよう、お願いいたします。


おまけ


動物園に白い河童が現れました。


残念ながら、お皿の水は自分でこぼしてしまったようです。




2016年3月5日(土曜日) 六花


今日は少し陰っていましたが、午後になると晴れてきました。
少し傾いてきた陽にあたって、細かい雪が舞っています。


 
少しは暖かくなったからか、キリンたちも真冬よりは過ごしやすそうにしています。


ダチョウのジョンも威嚇に出てきますし


シマウマの小夏さんは座り込んでリラックスしています。


カワウソのところに寄ってみると、ちょうど餌をやっている所でした。

 
岸の上で食べたり


プールの排水口の上で食べたりします。
こういう顔をしていると、微笑んでいるようにも見えます。

 
この排水口の上で食べるのは、どちらも好きなようです。
メスが食べているところに、オスが後ろから無理やり乗ろうとしています。


食べ終わって少ししたら、2頭で絡まって泳ぎ始めました。
仲良くしているようです。


さて、先日、ツヨシが横浜に旅立ってからは、ミルクはプールのある大放飼場で1日を過ごしています。

 
今日は少しおとなしめだったように思いますが、よく遊んでいました。


パクパクタイムの直前、早くよこせ、とばかりに、壁際でジャンプ。


リンゴとナシを差し入れでいただきました。
ミルクは、以前は小放飼場でパクパクタイムでしたので、プールでおやつをもらうのはこの3月に入ってからが初めてです。

ツヨシと同じように、両前脚で持ってかじっていますが、食べ方はちょっと豪快なようです。


ごちそうさまでした。



2016年3月4日(金曜日) 早春

3月になりました。

今朝方は冷え込み、気温はあがってきません。
ただ、日差しが高く、強くなったため、数字以上に暖かく感じます。

陰ったり風があったりすると寒いのですが、今日はそういうこともなく、穏やかな一日でした。


年が明けてから、何度か大雪が降っています。
サル山にもまだ雪がそこそこ残っていますね。


毛づくろいをしている母ちゃんの背中で、子どもが寝ています。
割と大きくなりましたが、まだ甘えたい年頃なんでしょうか。



こちらは、獣舎の入り口からすぐのところで寝ているヒグマたち。
雪が多くて面倒なのか、ガラス窓の方には出かけていません。

 
手前がキチノスケ、奥がヤマトです。
ヤマトは仰向けで転がっていて、時々尻を掻いています。

 
眠そうなライオンたち。
ゆうひのたてがみもかなり伸びてきました。



眠そうなアムールトラのチョコ


ここから


こうなって


こうなる。


まだちょっとむずむずしている感じ。


ポカポカしてくると眠くなるのは、ヒトも動物も似たようなものなのでしょう。
今日はそんな一日でした。