2014年6月のどうぶつえん日記

2014年6月26日(木)  クマ特集


今日は暖かい日でした。


お昼前ごろ、ヒグマ舎をのぞいてみると、いつもの通り。



食いしん坊のヤマトがガラスの前でおやつを待っています。
壁の穴の前で待ち構えているので、管におやつを入れる時に、手に鼻息がかかります。

話のタネにぜひ一度お試しください。




こちらは、ごろ寝中のコタル。
当園にいるヒグマの中では少し小柄で、前足の爪が少し短いです。暖かい日はよくお腹をだして寝てます。


 

なんとなく肢を伸ばしてゴロゴロ。


そこへ、キチノスケが通りかかりますが、特に反応なし

 

「なにしてんの?」
「寝てるの」
「ふーん、そっか」



動きがあったりなかったり。
みんなそれなりのお歳なので、元気いっぱいとはいきませんが。
じっくり見ていると案外面白いものです。

ヒグマはもう一頭、オグリがいますが、彼は脚がよくないので、療養のため隔離しています。




さて、では、次はよく動くクマを見てみましょう。

ホッキョクグマ舎に行くと、なんだか妙なことになっていました。

 

前が見えない。

やっぱり見えないと不便よね。



 

 

転がして、持ち上げて、投げました。

……けっこう、重いものの、はずなんですが。



 

プール際に運んで、位置の微調整に神経を使ってます。


 

もうちょっと、もうちょっと……

最後はプールに落として、自分も飛び込みました。


今日はそんな一日。



2014年6月24日(火)  ある晴れた日のこと


雨ばかりの日々が過ぎて、晴れ間が出るようになってきました。

午後、園内を歩いていると




お散歩中のアルパカ、ルビーに会いました。

先月に毛刈りをしてからだいたい1か月。
毛が短くても、さわり心地はなかなか良いです。

まだ触ったことのない方、ぜひどうぞ。




アルパカ舎に戻ると、マーブルがごろ寝していました。

こちらは毛刈りをしていないので、もこもこです。





レッサーパンダ舎の前を通りがかると、誰もいないように見えます。





エサ台には落し物だけがあります。



 

見上げると、楓の樹の中にいました。

前肢を垂らして、のんびりと。





ワピチは座り込んで反芻中です。



類人猿舎にて。
誰ですか、お腹出して寝てるのは。

まあ、暖かいからね。仕方ないね。




ベニバナイチヤクソウ
林床にはこんな花も咲いています。





2014年6月20日(金)  オオコノハズクのヒナがふ化しました!


5月31日に最初にふ化したヒナが6月20日で21日目になりました。

全部で4羽ふ化し元気に元気に育っています。

このまま順調に育てば、来月には巣立ちしてご覧いただけると思います。
楽しみに待っていてくださいね♪


【動物園】オオコノハズクのヒナ




2014年6月19日(木)  今日の北海道ゾーン


最近は雨が続いて、涼しいのか蒸し暑いのかわかりにくい日々です。






コハネちゃんが枝を舐っている横で、





スカイ君は座り込んでいて、なんだかアンニュイな雰囲気。




さて、そんなキリンたちの脇を通り過ぎて、

人けの少ない北海道ゾーンの木道をのんびりと歩いてみました。




春の花が終わりかけ、木々が葉を広げています。



ツボスミレ
花はそろそろ終わりかけ。



オオアマドコロ
つりがね状の花がいくつもぶら下がる。


カラマツソウ
今から最盛期。


エゾカンゾウ



マムシグサ
伸び始めたころはヘビそっくりの模様がある。



ヤナギトラノオ
湿原の中でひっそりと。



オオヤマフスマ



ノミノフスマ



ヤチボウズ
……スゲの仲間が穂を付けていますが、目立ちませんねえ。



地味な花が増えてきました。

虫が多くなってきました。

そろそろ初夏の気配です。






2014年6月14日(土)  今日のミルク


今日のミルクを紹介します, 言葉より連続写真写真で。 大きな黄色い管をプールに落ちないように少しだけテラスから出して、階段からジャンプしてプールに落とす遊びをやっているシーンです。

毎日見ていても、飽きません。賢い子だなぁ~。


  


  

このページの先頭へ