トビ

タカ目タカ科

特徴

海岸から山地まで生息し、市街地上空や住宅地でも見みられる
最も身近でなじみ深い猛禽(もうきん)類です。
飛行中に尾羽が三味線のバチの形になるのが特徴で、
繁殖期(2~9月)以外は数十羽から数百羽
の群れをつくってねぐらにつきます。
2010年に保護された個体が猛禽舎にいます。

動物紹介へ戻る