エゾクロテン

食肉(しょくにく)目 イタチ科

特徴

【飼育動物情報】

愛称 てんてん
性別 オス
来園日 2009年3月13日
公開 飼養許可個体


【一般情報】

分類 食肉目
イタチ科
種名 クロテン (亜種名 エゾクロテン)
学名  

Martes zibellina  (亜種名 Martes zibellina brachyura エゾクロテン)

英名  Sable
レッドリスト DD
形態 頭胴長   ♂32-53cm; ♀30-48cm 

(北海道 ♂38-56cm ♀35-51cm)

体重    ♂ 1150-1850g、♀ 650-1600g)

(北海道 ♂900-1800g  ♀700-1600g)

尾長  ♂ 13-18cm、♀ 12-16cm 

(北海道 ♂ 12-19cm  ♀ 11-17cm)

性差  オスはメスよりも8-12%重い
外毛特徴  地域差がある(黄色っぽい色から黒色まで:エゾクロテンでは焦げ茶から全身黄色まで)
分布  

ロシア、カザフスタン、モンゴル、中国、北朝鮮、日本

エゾクロテンは北海道と国後島ほかの南千島

生物学的特性 生息環境 主に、冷涼な混交林帯(北海道):タイガの密な針葉林帯(ロシアほか
食性   広食性 哺乳類(キヌゲネズミ亜科ネズミ類,シマリス、森林性ネズミ亜科ネズミ類、シカの死肉、エゾモモンガ)、昆虫(主に甲虫)、植物(グズベリーや、その他の果実)、は虫類(ヘビ類)、甲殻類、両生類(カエル類)、まれに魚類
行動圏 ・行動圏 0.5-1.78㎢(北海道)、4-30㎢(ロシア)
繁殖  ・繁殖季節(交尾) 6月中旬~8月上旬

・交尾排卵

・着床遅延

・妊娠期間 245-298日
   (うち、7.5-8.0ヶ月の休止期間の後、着床から胚発育は30-35日)

 

・産仔数 1-7個体(平均2.5-3.5個体)

性成熟 ・雌雄とも2歳以上(2-3歳) (北海道では15-16ヶ月)
寿命  野生で18歳の記録がある(ロシア)。平均5.5歳(北海道)。毛皮の飼育農場ではオスで19歳、メスで22歳の記録がある。
生態  ・単独行動

・換毛  春と秋
   春の換毛は3月に開始し約2ヶ月続く。秋の換毛は8月下旬から11月まで

・一日の餌必要量は体重の約20%(=ネズミ類6-8個体/日

生息数  不明
参考資料  ① Monakho, V. G. 2011 Martes zibellina. Mammalian Speceis 43(876): 75-86 (American Society of Mammalogists 米国哺乳類研究者協会発行)

② 村上隆広 2015 エゾクロテンの精巣と陰嚢サイズに見られる季節変化. 知床博物館研究報告 37: 39-42

③ Murakami,T. 2003 Food habits of the Japanese sable Martes zibellina brachyura in eastern Hokkaido, Japan. Mammal Study 28: 129-134 (日本哺乳類学会発行)

http://eol.org/pages/328022/details

⑤ Miyoshi, K. and S. Higashi 2005 Home range and habitat use by the sable Martes zibellina brachyura in a Japanese cool-temperate mixed forest. Ecological Research 20: 95-101 (abstract)

⑥ 細田徹治・鑢 雅哉 1996 テンとクロテン. 川道武男 編、日本動物大百科, 第1巻、136-139頁。平凡社



【過去の解説記事】

  • 環境省レッドリスト 準絶滅危惧種(NT)
    現時点では絶滅危険度は小さいが、生息条件の変化によっては「絶滅危惧」に移行する可能性のある種

2009年3月に、園内で保護されました。
ケガをしていたため、動物園で治療を続けてきました。
かわいい顔をしていますが、食べるエサは肉です。

2009年12月23日に動物舎が完成しお披露目をおこないました。
北海道ゾーン内のヒグマ観察窓の横にいます。
隠れていて見えにくいこともありますが、会いに来て下さい。

動物紹介へ戻る