「釧路市動物園基本計画」について

当園は昭和50年10月の開設以来、動物の展示を通し、子どもから高齢者までの誰もが楽しめる施設として、また、環境教育の拠点として、多くの皆様に親しまれてきました。
しかし、開設から35年が経過し、園内の各施設が老朽化による更新期を迎えることに加え、これからの時代に即した新しい動物の見せ方の工夫や、市民のサポートや企業との連携の必要性など、これまでにはない新しい考え方が求められてきています。
そこで当園は、多くの市民や関係機関のご協力をいただきながら、平成21年12月、「いのちとふれあい、いのちをつむぐ」を基本理念とする「釧路市動物園 基本構想」、平成22年度に、今後20年間の当園の運営の指針となる「釧路市動物園基本計画」、令和2年度には、本計画に基づき行ってきた取組をより一層推進するべく「北海道ゾーン再整備基本構想・基本計画」を策定いたしました。

本ページにはビューワソフトが必要なコンテンツが含まれています。

別ウインドウで開きますAdobe Readerのダウンロードはこちらをご覧ください。

このページの先頭へ