イベント情報

オタリアの命名式を行います

2021年7月19日に誕生したオタリアの命名式を行います。
8月に愛称募集を行い、延べ37通の応募の中から決定した愛称が、ついに発表されます!

開催日時 10月9日(土曜日)11時~
場所 オタリア舎(海獣舎)前 ※雨天:レストハウス






 

釧路総合振興局主催「ヒグマ講座」を行います

釧路総合振興局環境生活課自然環境係主催「ヒグマ講座」を行います。
現在ヒグマを飼育していないヒグマ舎の中で「クマさんこんにちはゲーム(山に入るときの注意点を体験型ゲームで学ぶ)」、「ヒグマクイズ」などを行います。また、あわせてヒグマパネル展を展示館で行います。

1 ヒグマ講座
 ・日にち 令和3年10月2日(土)
 ・時間 午後1 時半~ (1 時間程度)
 ・場所 釧路市動物園ヒグマ舎    ※現在ヒグマは飼育していません
 ・定員 15名程度
 ・募集期間 令和3年9月1日(水)~令和3年9月27日(月) (先着順)
 ・お問い合わせ及びお申込先
 釧路総合振興局環境生活課自然環境係
(https://www.kushiro.pref.hokkaido.lg.jp/hk/kks/index.html)
PDFはこちら


2 ヒグマパネル展
・開催期間 令和3年9月25日(土)~10月3日(日)
・場所 釧路市動物園 展示館



 

動物慰霊式について

※緊急事態宣言期間が9月30日まで延長となったため、関係者のみで開催することとなりました。ご了承ください。

この1年間で亡くなった動物たちに、釧路市動物園で懸命に生きてくれたことを感謝するとともに、安らかに眠りにつくようお祈りし、献花をいたします。

・日にち 9月23日(木曜日・祝日)


 

秋の動物園まつり中止について

緊急事態宣言期間が9月30日まで延長となったため、9月19日(日曜日)と20日(月曜日・祝日)に予定しておりました秋の動物園まつりは中止となりました。ご了承ください。


 

第8回「大人の動物園スクール」参加者を募集します

9月1日午前9時より、第8回「大人の動物園スクール」の参加者を募集します。
飼育体験や普段は入ることができないバックヤードの見学をしてみませんか?

※新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、参加対象は釧路管内にお住いの18歳以上の方に限らせていただき定員4名となります。感染症拡大状況によっては中止となる場合がございます。ご理解、ご協力の程お願いいたします。

日にち 10月10日(日曜日)
対象 釧路管内にお住いの18歳以上の方
募集人数 4名(応募者多数の場合は抽選となります)
時間 午前9時40分~午後3時
参加費 500円(別途入園料)
募集期間 9月1日(水曜日)~9月13日(月曜日)
      土日を含む午前9時~午後5時の間に釧路市動物園まで電話(0154-56-2121)でお申込みください。
      ※受付時間外のお申込みはお断りさせていただく場合があります。ご了承ください。



 

第48回全道幼児・児童動物画コンクールの作品を募集します

8月1日(日曜日)~9月26日(日曜日)まで「幼児・児童動物画コンクール」の作品を募集します。

主催:日本動物園水族館協会北海道地区
募集期間:令和3年8月1日(日)~9月26日(日)
※表彰式は10月31日(日)に行います。新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、少人数での表彰式を予定しております。あらかじめご了承ください。

対象年齢:幼児及び小学生
用紙の大きさ
幼 児~四ツ切り(392mm×542mm)または八ツ切り(392mm×271mm)
小学生~四ツ切り(392mm×542mm)のみ

応募される方は、作品の裏面に
・氏名(ふりがな)
・学校名(幼児の方は幼稚園、保育園名)
・学年(幼児の方は年齢)
・郵便番号、住所
・電話番号
・絵を提出する先の動物園名(「釧路市動物園」とお書きください)
上記をご記入のうえ、動物園まで「郵送」または「持参」してください。

※審査の都合上、9月26日必着となりますのでご注意くださいますようお願いいたします。



 

タンチョウ・レスキュー展 (巡回展)を開催します

2021年7月1日から2022年2月13日まで、北海道内の動物園4園(札幌市円山動物園、旭川市旭山動物園、おびひろ動物園、釧路市動物園)を巡回する「タンチョウ・レスキュー展(パネル展)」を開催致します。
また、各動物園でのパネル展開催に合わせて、日ごろタンチョウのレスキューに従事している獣医師(飯間裕子:釧路市動物園)による講演会も開催致します。
皆様のご参加をお待ちしております。


タンチョウ・レスキュー展 (← クリックすると、上記チラシをダウンロードできます)

●パネル展・講演会へご来場の際は、マスクの着用等、新型コロナウイルス感染拡大防止への対策にご協力をお願い致します。
●新型コロナウイルス感染症の発生状況によっては、開催予定に変更が生じる場合があります。ご来場の際は開催状況の確認をお願い致します。

~タンチョウ・レスキュー展について~
北海道に生息するタンチョウは、2021年現在、1900羽程まで生息数が回復しています。しかし、タンチョウが事故にあい保護される、あるいは、死亡するケースも増えています。
タンチョウたちは人間の近くで生活を始めており、その生活圏にある電線や道路、フェンス、ネットなど多くの人工物が脅威となっています。
また、農地への飛来など、人間とのあつれきも目立つようになってきました。そして、タンチョウの生息地は徐々に広がっており、今後は、道東から道央・道北・道南圏へ急速に拡大していくものと予想されます。
この現状に対して、北海道内の動物園4園が連携し、タンチョウの現状や事故防止のための普及啓発に加え、この先のタンチョウとの共生を考えてもらうきっかけ作りになることを願い、タンチョウ・レスキュー展を開催いたします。

※本巡回展は、(公社)日本動物園水族館協会2021年度野生動物保護募金助成を受けて実施致します。

【タンチョウ・レスキュー展に関するお問い合わせ先】
タンチョウ・レスキュー展実行委員会事務局(釧路市動物園内)
TEL 0154-56-2121(釧路市動物園 担当:飯間・鈴木)



 

アルパカ散歩を当面中止いたします

4月25日より開始予定だったアルパカ散歩は、アルパカ「ルビー」の足の調子がよくないため、当面の間中止といたします。
楽しみにしてくださっていた皆様には大変申し訳ございませんが、ご理解のほど宜しくお願いいします。

このページの先頭へ