釧路市強靱化計画(国土強靱化地域計画)

釧路市強靱化計画(国土強靱化地域計画)について

  本市は平成5年1月に発生した「釧路沖地震」、平成6年10 月の「北海道東方沖地震」、平成15年9月の「十勝沖地震」、平成23年3月の「東日本大震災」及び平成28年8月の「北海道豪雨」などの、地震被害、浸水被害をはじめとした大規模自然災害を数多く経験しており、防災・減災に対する市民の意識も高く、これまでも安全で安心なまちづくりを進めてきました。
 少子高齢化の進行による人口の減少、社会資本の老朽化など地域を取り巻く課題があるなかで、これまでの災害の経験を生かしつつ、今後想定される大規模自然災害に対する事前防災や減災への取り組みを継続していく必要があります。
 そこで、「釧路市まちづくり基本構想」で目指している「誰もが健康で安全に安心して、生まれ、育ち、生きがいを持って暮らし続けることができるまちづくり」を進めていくために、あらゆる災害が発生しても致命的な被害を負わない強さと、速やかに回復するしなやかさを持った地域社会を築くことを目的とした国土強靱化地域計画『釧路市強靱化計画』を策定しました。

このページの先頭へ

このページについてのお問い合わせ

総合政策部 都市経営課 企画担当

電話番号電話番号:0154-31-4502

ファクス番号ファクス番号:0154-22-4473

お問い合わせフォーム別ウインドウで開きますお問い合わせフォームへ

このページの先頭へ