番号制度対応の準備について(事業主の方向け)

事業者のマイナンバー取り扱い

 事業者は、従業員やその扶養家族のマイナンバーを取得する必要があります。
平成28年1月以降は、税務署関係の書類、雇用保険関係の書類等に記載して行政機関へ提出することになります。
上記の方々のマイナンバーを取得する際は、利用目的を説明してください。

■マイナンバーを記載する必要がある書類の例

 ・給与所得の源泉徴収票
 ・給与支払報告書
 ・社会保険に加入している場合は、社会保険関係の各種書類

 番号法の義務は事業規模によらず、全ての事業者が対象です。
小規模事業者であっても従業員からマイナンバーを取得し、税、社会保障等の手続きで取り扱うこととなります。

マイナンバー導入状況の確認(政府広報オンライン - 事業者のみなさまへ)

 ・制度の影響やマイナンバーの利用、個人情報の管理についてどのような準備が必要であるかの確認や、導入の順序についてチェックリスト形式で確認できるように示されています。

このページの先頭へ

必要となる手続き

 平成28年から必要になるマイナンバー関連の手続きは以下のスケジュール表のとおりとなっております。

マイナンバー準備スケジュールマイナンバー準備スケジュール

このページの先頭へ

その他、事業者向けリンク集

法人番号について(釧路市ホームページ)

事業主の皆さまへ(厚生労働省ホームページ)

事業者向けチラシ(政府広報オンライン)

このページの先頭へ

このページについてのお問い合わせ

総務部 情報システム課 電算担当

電話番号電話番号:0154-31-4510

お問い合わせフォーム別ウインドウで開きますお問い合わせフォームへ

このページの先頭へ