マイナンバーの今後のスケジュールについて

マイナンバー制度はいつから始まるの?

・平成27年10月から、国民一人ひとりに12桁のマイナンバー(個人番号)が通知されています。また、法人にも13桁の法人番号が指定されています。
⇒住所地へ、通知カードが送付されます。

・平成28年1月から、社会保障(年金や雇用保険、医療保険、福祉など)、税、災害対策の行政手続きでマイナンバー(個人番号)を使用します。
⇒申請された(希望される)方へのマイナンバーカードの交付が始まります。

・平成29年1月から、国の機関間の情報連携の開始。マイポータルによる情報提供等記録の確認の運用開始。
⇒国の行政機関でマイナンバーの利用が始まります。

・平成29年7月から地方公共団体などでも情報連携の開始。役所の窓口へ提出する書類が順次削減されていきます。
⇒都道府県・市町村等の地方公共団体でマイナンバーの利用が始まります。

このページの先頭へ

マイナンバーに期待される目的・効果

・国の機関や他市町村等と情報連携が可能となることで、窓口等での各種申請手続き時に必要となる添付書類が簡素化される等、市民の利便性が向上します。



・申請時などに必要な住民票や所得証明書などの添付書類が不要となります。※法律で規定された申請等に限ります。



・災害時要援護者リストの作成、更新や災害時の本人確認等に活用ができます。また、生活再建に向けた効災害時における活用的な支援を行うことができるようになります。

 

・よりきめ細やかな社会保障給付の実現


・給付の誤りや給付漏れ、二重給付等の防止が実現できます。





         マイナンバーは、行政を効率化し、国民の便利性を高め、公平・公正な社会を実現する社会基盤です。

このページの先頭へ

マイナンバーに係る動画説明!!



◎個人・事業者向けの方は別ウインドウで開きますこちらをクリックして下さい。



このページの先頭へ

視覚障害者・聴覚障害者の方へ

・点字・大活字広報紙、音声データは別ウインドウで開きますこちらから



・PDF,ファックスによるお問い合わせフォームは別ウインドウで開きますこちらから

このページの先頭へ