釧路市財産審議会(令和元年度第1回 令和元年5月24日開催)

議事要旨

会議名

令和元年度第1回釧路市財産審議会

このページの先頭へ

開催日時及び場所

日時 令和元年5月24日(金曜日)午後2時~午後2時30分
場所 釧路市役所 本庁舎2階 第1委員会室

このページの先頭へ

主な議題

●報告                       計13件
市有地売却について(一般競争入札)       2件
市有地売却について(随意契約)         1件
市有地売却について(随意契約:価格固定) 10件

このページの先頭へ

結果

●報告 : 了承される

このページの先頭へ

発言要旨

報告

○市有地売却(一般競争入札)
 【事務局】
(1)「釧路市西港1丁目100番41、地積4,186.44平方メートル」の市有地について、平成31年3月26日執行の一般競争入札により、平成31年3月28日付で売買契約を締結のうえ、売却処分した。

(2)「釧路市港町13番11、地積86.02平方メートル」の市有地について、平成31年3月26日執行の一般競争入札により、平成31年3月28日付で売買契約を締結のうえ、売却処分した。


○市有地売却(随意契約)
【事務局】
(3)「釧路市春採2丁目1番1の内、地積63.36平方メートル及び、釧路市春採2丁目115番1の内、地積18.78平方メートル、地積合計82.14平方メートル」の市有地について、平成31年3月28日付で売買契約を締結のうえ、売却処分した。

(4)「釧路市星が浦南5丁目4番5、地積2,798平方メートル」の市有地について、平成31年2月8日付で売買契約を締結のうえ、売却処分した。


○市有地売却(随意契約:価格固定)
【事務局】
(5~13)「一般競争入札に付し不調に終わった物件については、価格の時点修正又は再鑑定による適正価格をもって、随意契約により処分することができる。」との当財産審議会の決定事項に基づき、価格を固定したうえで随意契約により処分するもの。

(5)「釧路市大町7丁目11番、地積240.19平方メートル」は、前年度価格から7.96%減価した231万2千円を売却価格とする。
なお、この価格は、意見価格から当該地の埋設水道管撤去費10万8千円を控除した価格となっている。

(6)「釧路市春採1丁目132番2、地積198.86平方メートル」は、前年度価格から5.70%減価した246万4千円を売却価格とする。

(7)「釧路市阿寒町富士見2丁目50番、地積380.79平方メートル」は、前年度価格から6.27%減価した155万6千円を売却価格とする。

(8)「釧路市阿寒町中央2丁目25番112、地積464.68平方メートル」は、前年度価格から11.76%減価した161万3千円を売却価格とする。

(9)「釧路市阿寒町中央2丁目25番142、地積461.91平方メートル」は、前年度価格から11.73%減価した187万4千円を売却価格とする。

(10)「釧路市音別町朝日3丁目36番、地積334.25平方メートル」は、前年度価格から9.66%減価した66万4千円を売却価格とする。

(11)「釧路市音別町中園1丁目30番1、地積614.26平方メートル」は、前年度価格から8.51%減価した154万8千円を売却価格とする。

(12)「釧路市音別町中園1丁目30番2、地積611.58平方メートル」は、前年度価格から8.49%減価した154万1千円を売却価格とする。

(13)「釧路市音別町中園1丁目30番3、地積612.07平方メートル」は、前年度価格から8.54%減価した154万2千円を売却価格とする。


【委員】
この経緯だといずれ0円に近い価格となるかと思われるが、価格固定先着順の売却価格には、最低売却価格は設定されているのか。

【事務局】
最低売却価格は定めておりません。行政が財産処分するにあたっては、地方自治法の規定により、適正な価格をもって処分することとされており、当市の売却価格は、不動産鑑定士によって鑑定された意見価格を基に売却価格を設定しています。鑑定の結果として、意見価格が低くなったとしても、それを基に売却価格を設定します。

このページの先頭へ

このページについてのお問い合わせ

財政部 市有財産対策室 市有財産対策担当

電話番号電話番号:0154-23-5195

ファクス番号ファクス番号:0154-22-4473

お問い合わせフォーム別ウインドウで開きますお問い合わせフォームへ

このページの先頭へ