釧路市障がい者差別解消支援地域ネットワーク会議(平成29年11月7日開催)

会議名

釧路市障がい者差別解消支援地域ネットワーク会議

このページの先頭へ

開催日時及び場所

平成29年11月7日(火曜日) 午後4時から午後5時
釧路市役所防災庁舎 5階 会議室A

このページの先頭へ

主な議題

1 開  会
2 会長挨拶
3 委員紹介
4 議  事
 (1)報告事項
  1 障害者差別解消法における市の取り組みについて
  2 各関係機関における取り組みについて
 (2)協議事項
  1 各関係機関や相談窓口での対応について
  2 市民・事業者への啓発活動の方策について
 (3)その他
5 閉会

このページの先頭へ

主な発言要旨

議  事
(1)報告事項
 1 障害者差別解消法における市の取り組みについて
   事務局より説明
 2 各関係機関における取り組みについて
 【主な取り組み内容】
  ・車いす、高齢者疑似体験を通じて、介助方法等について周知啓発を行っている。
  ・手話通訳者の配置し、案内では、介助が必要な方に付添い等の支援を行っている。
  ・補助金を活用した小規模の店舗のバリアフリー化への取り組みが増えている。
(2)協議事項
 1 各関係機関や相談窓口での対応について
 【主な質疑内容等】
  委員:障がい者割引について、全国的な取り扱いとして、利用者の手帳番号と氏名を控えているが、
     障がいをお持ちの方が利用したという確認の有無やその必要性が、課題となっている。
  会長:控えをとる目的は何か。
  委員:統計のためであったが、運賃割引の根拠として確認している。
  会長:不正防止が現在の主目的であれば、別の方法を業界として検討すべきと考える。
  委員:車いすで利用する方の対応について、トラブルに発展してしまい、当初は理解していただいた
     が、その後、更なるトラブルに発展してしまった。乗務員に研修等を行うとともに、車いす利
     用者に対しても様々説明したが、なかなか理解を得られなかったケースがある。
  会長:事業者が対応できること、人員等などにより対応できないことについて、明確に線引きし、丁
     寧に説明し理解を求めることが必要になるものと思われる。
     引き続き、何かあれば、この会議の中で問題を共有できたらと考える。

 2 市民・事業者への啓発活動の方策について
 【主な質疑内容等】
  委員:11月3日に難病に対する理解促進のためのイベントを開催し、本人や家族の体験から、
     困り事等の発信ができた。
  会長:当事者の声を聞く機会を増やすことも重要な活動であり、今後は、このような環境づくり
     も重要であると考える。
(3)その他
 【主な質疑内容等】
  委員:電話の契約変更等に係る手続きについて、電話確認を求められることがある。聴力障がい
     者に対しては、訪問確認等によって柔軟な対応を考えてほしい。
     このようなケースに関わらず、聴力障がい者に対しての配慮を求めていきたい。
  会長:現在はインターネット等の普及により、様々なツールの活用ができる。これからも、意見
     を上げていただき、事業者に対して、周知等を検討していきたい。

このページの先頭へ

このページについてのお問い合わせ

福祉部 障がい福祉課 障がい福祉担当

電話番号電話番号:0154-31-4537

ファクス番号ファクス番号:0154-25-3522

お問い合わせフォーム別ウインドウで開きますお問い合わせフォームへ

このページの先頭へ