釧路市障害者施策推進協議会(平成31年2月14日開催)

会議名

平成30年度第2回釧路市障害者施策推進協議会

このページの先頭へ

開催日時及び場所

平成31年2月14日(木曜日)午後6時から午後7時00分
市役所防災庁舎 5階 会議室A

このページの先頭へ

主な議題

議題
報告事項
 (1)釧路市の障がい者虐待について
 (2)医療的ケア支援検討会議の設置について
 (3)障がい者差別解消に関する取組状況について
 (4)指定計画相談支援及び指定障害児相談支援事業所の実地指導について

協議事項
 (1)平成31年度の主要事業の実施について
 (2)平成31年度 手話等普及啓発促進事業及び障がい者差別解消推進事業について
 (3)避難行動要支援者避難支援事業及び災害時における障がいのある方への支援について

その他

このページの先頭へ

主な発言要旨

1 開  会
  
2 会長挨拶

3 報告事項
(1)釧路市の障がい者虐待について
(2)医療的ケア児・者支援検討会議の設置について
(3)障がい者差別解消に関する取組状況について
(4)指定計画相談支援及び指定障害児相談支援事業所の実地指導について
【事務局より説明】

委 員:医療的支援が必要な方は様々な支援を必要としている。それらを総合的に網羅できるよ
     うな仕組みづくりが、医療的ケア児・者支援検討会議の中でできればと期待している。

4 協議事項
(1)平成31年度の主要事業の実施について
(2)平成31年度 手話等普及啓発促進事業及び障がい者差別解消推進事業について
 【事務局より説明】

委 員:手話の普及啓発に係る予算については、他の市町村と比べると少ない。学校等から手話
     講座の依頼があり、手話が少しずつ広がりを見せているが、釧路市としても今まで以上に
     色々な方策を考えていただきたい。

(3)避難行動要支援者避難支援事業及び災害時における障がいのある方への支援について
【事務局より説明】

委 員:視覚障がい者が、避難所で単独でトイレに行けるような環境を整えていただきたい。
     また、避難所に関する情報について障がい者がほとんど知らないため、周知していただ
     きたい。
委 員:9月6日の地震後に実施した、災害時の状況についての全道的なアンケートの結果が、
     安否確認の電話もなかったとの内容で新聞記事となっていた。
     札幌市では、停電の影響が他市よりも大きく、困難を抱えた方が多かった。
     アンケート結果から、災害時の施策に関する情報を知らない方が多く、自身が支援され
     る側なのかもわからない状況であることがわかった。難病患者を含め、支援を必要とし
     ている方は、通常の避難所から福祉避難所に移動することは、職員の負担はもちろん、
     障がいのある方の負担が大きくなる。スムーズに福祉避難所に移行する体制の検討と共
     に、福祉避難所に係る情報について周知していただきたい。
委 員:障がいが重度になれば、通常の避難所では対応ができないことから自宅に残るという選
     択肢が出てくる。福祉避難所の開設を明らかにしていただければ、そこに行けばなんと
     かなるという思いから避難につながるのではないかと思われる。障がい者のために福祉
     避難所を明示し、体制と共に整備していただきたい。

5 その他
【事務局より説明】
  質問事項なし

6 閉会

このページの先頭へ

このページについてのお問い合わせ

福祉部 障がい福祉課 障がい福祉担当

電話番号電話番号:0154-31-4537

ファクス番号ファクス番号:0154-25-3522

お問い合わせフォーム別ウインドウで開きますお問い合わせフォームへ

このページの先頭へ