医療的ケア児・者支援検討会議(令和2年2月17日開催)

会議名

令和元年度 釧路市障がい者自立支援協議会 教育・療育部会 医療的ケア児・者支援検討会議

このページの先頭へ

開催日時および場所

2020年(令和2年)2月17日(月曜日)16時から17時
市役所防災庁舎 5階 会議室A

このページの先頭へ

次第

1 開会  
2 挨拶  釧路市福祉部障がい福祉課長 
3 議事
(1)医療的ケア児・者の定義および把握方法
(2)実態把握方法について
(3)その他

このページの先頭へ

議事

議事(1)医療的ケア児・者の定義および把握方法

【釧路市】
資料2に沿って説明

【委員(訪問看護 看護師)】
医療的ケア児・者の定義については、具体的な医療行為が示されており、わかりやすい。

【委員(病院 看護師)】
医療的ケア児・者の対象となる人数は病院で把握している対象と、大きな乖離はないと思われる。

【会長】
把握方法について、資料2のとおり決定としたい。

このページの先頭へ

議事(2)実態把握方法について

【基幹相談支援センター】
資料3に沿って説明

【委員(保護者)】
親に何かあった時など、柔軟に対応してくれるような医療機関が近郊にあるとよい。

【委員(養護学校教員)】
学校に通われているお子さんの中で、困っていること等の意見聴取が必要。

【委員(保健所 保健師)】
医療型の短期入所が近郊にあるといい。

【委員(行政職員)】
保護者に向けての説明・相談窓口について保護者に見えるよう・わかるように、利用できる制度や行政サービスがまとまっているものがあるといい。
学校でも医療的ケア児がおり看護師を配置し対応を行っているが、看護師の確保に苦慮している現状がある。

【委員(病院 看護師)】
保護者からニーズ等を聞くこともあるが、本アンケートと合致していると感じる。そのニーズに対して、どう対応していくのかは、今後検討が必要。

【委員(病院 看護師)】
昨年度のブラックアウトをきっかけに、当院でかかわっている医療的ケアが必要な方の居住地の管内分布状況を把握した。災害のレベルにもよるが、病院として自家発電の確保は必須である。

【委員(病院 看護師)】
親御さんが、我が子と親の介護の両方を担い大変であるという実態も耳にする。親御さんへの支援も必要だと感じている。

【釧路市】
委員の皆様からの意見を集約し、今後の進め方について検討を行い、次回会議(8月開催予定)にて協議することとしたい。
また、平成30年度法改正となった重度訪問介護の入院中の利用について、改めて情報を周知したい。

このページの先頭へ

このページについてのお問い合わせ

福祉部 障がい福祉課 障がい福祉担当

電話番号電話番号:0154-31-4537

ファクス番号ファクス番号:0154-25-3522

お問い合わせフォーム別ウインドウで開きますお問い合わせフォームへ

このページの先頭へ