医療的ケア児・者支援検討会議(令和元年8月28日開催)

会議名

令和元年度 釧路市障がい者自立支援協議会 教育・療育部会 医療的ケア児・者支援検討会議

このページの先頭へ

開催日時および場所

2020年(令和2年)2月17日(月曜日)16時から17時
市役所防災庁舎 5階 会議室A

このページの先頭へ

次第

1 開会  
2 挨拶  釧路市福祉部障がい福祉課長 
3 議事
(1)医療的ケア児・者の定義および把握方法
(2)実態把握方法について
(3)その他

このページの先頭へ

議事

報告事項 特別支援教育推進事業(看護師配置)について

【委員(釧路市教育委員会 行政職員)】
看護師を配置し、児童の医療的ケアの対応を行っている。現在対象児童は1名であり、重度肢体不自由学級の拠点校である中央小学校に  在籍している。今後の課題として、対象児童が増えた場合の看護師の増員の問題、校外学習時の対応等があるが、これから軌道に乗るというところである。<br />

このページの先頭へ

議事(1)今年度 スケジュールについて

【釧路市】
資料2に沿って説明

このページの先頭へ

議事(2)医療的ケア児・者の対応把握方法について

【釧路市】
資料3、4、5に沿って説明

【会長】
医療的ケア児の定義と対象及び把握方法について意見をお願いしたい。

【釧路市】
医療的ケア児の規定について、児童福祉法では、身体障害者手帳の有無は記載されておらず、手帳の有無を問わないため、医療的ケアの状態及び状況により定義の範囲が広くなる。

【会長】
医療的ケア児の定義については、資料3の2のとおり、児童福祉法第56条の6第2項に規定されている「人口呼吸器を装着している障がい者その他の日常生活を営むために医療を要する状態にある障がい児」としたい。

【委員(病院 看護師)】
医療的ケア児は、養護する必要があり把握が必要である。病院では、医療報酬として在宅療養指導管理料があり、インシュリン、経管栄養、サクション、呼吸器に関わるもの等も、在宅療養指導管理料に含まれているので把握しやすい。

【委員(訪問看護 看護師)】
市役所の窓口では、医療的ケア児・者の人数の把握は難しいのではないか。病院での在宅療養指導管理料での把握がしやすい。在宅療養指導管理料での把握の場合、個人情報の共有が課題である。

【委員(保健所 保健師)】
てんかんについては、日常生活用具の給付がないので、服薬管理でしか人数の把握ができないのではないか。てんかん等による病態を含めた服薬管理が必要な方の把握も必要である。

【委員(児童発達支援センター 相談員)】
児童発達支援センターの利用者は、主に医療機関からの紹介である。現在、在宅酸素が必要で児童発達支援センターでも酸素ボンベを常備している医療的ケア児がいるが、障害福祉サービス受給者証を持っているので障がい福祉課でも把握ができている。

【委員(養護学校教員)】
経管栄養が必要な医療的ケア児がおり、看護師2名体制でケアを行っている。道立の養護学校のため、看護師の配置ができている。

【釧路市】
各事業所や医療機関から対象となる家庭に、状態像や実態把握のためのアンケートを配布していただき、返送してもらうことを考えている。そういったことは可能か。

【委員(病院 看護師)】
同様のアンケートを既に実施している団体等もあるので、いかに共有をするか、釧路市が独自にアンケートを行うのであれば、補足を何にするかという方が対象者の負担としては軽減される。

【釧路市】
まず、在宅療養指導管理料で人数の把握をしたい。更に、既に行われているアンケートのデータの共有や活用ができないか検討し、次回会議(2月開催予定)にて協議することとしたい。

このページの先頭へ

このページについてのお問い合わせ

福祉部 障がい福祉課 障がい福祉担当

電話番号電話番号:0154-31-4537

ファクス番号ファクス番号:0154-25-3522

お問い合わせフォーム別ウインドウで開きますお問い合わせフォームへ

このページの先頭へ