釧路市高齢者保健福祉・介護保険事業計画策定市民委員会(平成29年度 第3回 平成29年7月11日開催)

開催日時及び場所

 平成29年7月11日(火)18:30~19:30
 釧路市役所 防災庁舎5階 会議室A

このページの先頭へ

議題

 1. 協議事項

    高齢者保健福祉施策の生きがいづくり事業について

    (1) 老人クラブ活動等について

    (2) 高齢者バス等利用助成事業について  



 2. その他

このページの先頭へ

結果

 協議事項について説明を行い、ご意見を頂きました。

このページの先頭へ

発言要旨

【委 員】

 老人クラブの現状は、老人クラブ数・会員数ともに減少し、高齢化が進んでおり、役員のなり手がない。新規会員・組織拡大に向けて取り組んでいきたい。



【委 員】

 町内会も老人クラブも、その会の力量にあった活動を行うことが大事ではないか。



【委 員】

 施設入居者が、施設の圏域の老人クラブへ加入できると、会員数が増えるのではないか。

 

【委 員】

 バス利用助成の平成28年度の実績は、使用率65.8%となっているが、予算の残額はどうなっているのか。また、支給額が6,000円から4,800円に変更になったのはなぜか。

【事務局】

 予算は、対象者100%分ではなく交付率を見込んで計上しており、使われなかった分がそのまま余る状況ではありません。

 また、額の引き下げは、市町合併の際に、対象年齢を73歳から70歳に引き下げ、対象者を非課税者とし、市全体の予算編成の中で協議した結果、4,800円となったものです。



【委 員】

 75歳以上の自動車の免許更新が厳しくなったが、「車がないと不便」という声を考慮して、バス助成について検討して行ければよい。

 

【委 員】

 自動車免許証の自主返納の場合、特典があるのか。

【事務局】

 民間バス会社で割安な定期券を発行しています。次回、提示します。

 

【委 員】

 高齢者バス等利用助成事業に関するアンケート調査結果によると、バス利用頻度の設問で、全く乗らないが14.6%となっているが、どのような設問なのか。

【事務局】

 対象者は、バス券・入浴券・タクシー券を受け取った方全員に対し、あなたは週1~2回乗りますか、週5回くらい乗りますか、月1回くらい乗りますか、全く乗りませんか、の選択肢を設けて回答いただきました。全く乗らないと答えた方は入浴券など、バス券以外を選択された方と推測しております。

 


このページの先頭へ

このページについてのお問い合わせ

福祉部 介護高齢課 介護保険担当

電話番号電話番号:0154-31-4598

ファクス番号ファクス番号:0154-32-2003

お問い合わせフォーム別ウインドウで開きますお問い合わせフォームへ

このページの先頭へ