釧路市障害者施策推進協議会(平成21年2月16日開催)

会議名

平成20年度釧路市障害者施策推進協議会

このページの先頭へ

開催日時及び場所

平成21年2月16日(月)午後1時30分~午後2時50分
市役所2階 第2委員会室

このページの先頭へ

主な議題

(1)障害者自立支援法施行後3年の見直しについて
(2)平成21年度予算案の概要等について
(3)釧路市障害福祉計画の策定について
(4)その他

このページの先頭へ

結果

  • 「障害者自立支援法施行後3年の見直しについて」及び「平成21年度障害者自立支援法関係予算案の重点項目」について事務局より説明、障がい者の雇用・就労対策について、活発な意見交換がなされた。
  • 釧路市障害福祉計画書(案)に基づき、事務局より概要説明。また、障害福祉サービス、地域生活支援事業のサービス見込み量について資料3-1・3-2に基づき説明。加えて、平成21年1月6日より平成21年2月5日の1ヶ月間実施されたパブリックコメントの結果について、資料4に基づき説明。計画案は承認された。

このページの先頭へ

発言要旨

  • 障がい者就労貢献企業認定制度について企業の優遇とはどういうものか。また、障がい者 の雇用については業種によって違いがあるので業種を絞りこんではどうか。
  • 物品契約に際して随意契約における見積書の徴取先、また指名競争入札における入札参加者の指名の際に優先されます。なお、障がい者就労貢献企業の名称は、当市の登録業者検索システムに登載され庁内の各部署に周知されます。制度の意図は企業に障がい者雇用のイメージをつかんでもらうことであり、直接の雇用だけでなく、業務発注等によって工賃収入の貢献を評価することで企業にとって取り組みやすい仕組みといたしました。
  • 現在の障がい者の求人状況については障がい者に限った求人は少なく、一般求人の中で可能なところを開拓するという状況。就職した後も働き続けていくための職場適応の援助も必要であり、取り組んでいるところ。障がい者の就職件数は19年度82件、20年度2月現在95件で伸びをみせている。
  • ハローワークで就職した障がい者の約半数の就労(雇用)支援に関わっているが、先ほどの発言にあった職場適応の援助は必要な支援である。また、認定制度では常用労働者数が56名未満の企業も認定できる仕組みなので、今後つながりを持って活動できるようになると期待している。
  • 本日ご承認いただいた釧路市障害福祉計画については、次回の議会で報告いたします。

このページの先頭へ

このページについてのお問い合わせ

福祉部 障がい福祉課 障がい福祉担当

電話番号電話番号:0154-31-4537

ファクス番号ファクス番号:0154-25-3522

お問い合わせフォーム別ウインドウで開きますお問い合わせフォームへ

このページの先頭へ