釧路市高齢者保健福祉・介護保険事業計画策定市民委員会(平成17年度第3回 平成17年12月21日開催)

会議名

平成17年度 第3回(新市) 釧路市高齢者保健福祉・介護保険事業計画策定市民委員会

このページの先頭へ

開催日時及び場所

平成17年12月21日(水)15:00~17:10
アクア・ベール 3階 末広の間

このページの先頭へ

主な議題

協議事項

  1. 次期釧路市高齢者保健計画及び介護保険事業計画の概要(案)
  2. 現段階における次期計画見込み量での保険料

このページの先頭へ

結果

協議事項に係る会議資料について説明を行い、その内容に関し質疑が行われた。

このページの先頭へ

発言要旨

  1. 協議事項 1「 次期釧路市高齢者保健計画及び介護保険事業計画の概要(案)」について
    • 介護予防事業における「主治医からの情報提供」はどのような形で行うのか。
      →主治医に対し照会する照会する場合と、主治医から提供いただく場合が考えられる。
    • 認知症の高齢者が増える中、認知症専用の通所介護施設は現在1ヶ所のみであるが、その対策は考えているか。
      →認知症の方を対象とした通所介護は重要と認識しており、大型の通所施設の活用も検討している。
    • グループホームでの通所介護は難しい課題も多く、現行の通所介護の中で対応できないか。
      →全てのグループホームで通所介護が可能という状態ではない。大型の通所介護施設の活用も含めて今後も調整したい。
    • 老人クラブ活動について、まだ3地区合同での話し合いを行っていない。どのような形で設けるのか。
      →市は意見する立場ではないが、各老人クラブ連合会の交流は有意義なことと考えており、釧路市老人クラブ連合会にお願いしている。
    • 認知症の方は今後かなり増加することが考えられ、若い世代での発症も見られる。初期段階の対策が重要。
      →これまでの、健康診査や主治医からの情報提供といった発見作業に加え、認知症をチェックするための問診項目が国から示されているが、早期発見のシステム作りは今後検討したい。
  2. 協議事項 2「現段階における次期計画見込み量での保険料」について
    • 音別地区は、保険料が大きく増加することとなり、厳しい。地区住民に誰が説明するのか。
      →統一した保険料をご負担いただく中で、サービスの充実に努めたい。説明については、行政センターの担当となるが、必要に応じ本庁の職員も行う。
    • 今後3年間の介護保険事業の、保険料に関わる部分を含めて総体的な額を示してほしい。
      →新たなサービスもあり、年明けに報酬単価が示されるまでは、サービス供給量についても算出しきれないところである。
    • 計画が議会で決まる前に、説明会というよりも、地域住民の切実な意見を聞く場を設けるべき。
      →説明会を2月に予定しているが、議会は2月下旬からであり、ご意見を伺って直接議案に反映させることはできない。説明会の場で頂いたご意見は、日常業務の中で活かしていきたい。

このページの先頭へ

このページについてのお問い合わせ

福祉部 介護高齢課 介護保険担当

電話番号電話番号:0154-31-4598

ファクス番号ファクス番号:0154-32-2003

お問い合わせフォーム別ウインドウで開きますお問い合わせフォームへ

このページの先頭へ