平成18年度第1回音別地域協議会

件名

平成18年度 第1回 音別地域協議会

このページの先頭へ

日時・場所

平成18年5月17日(水) 13:30~15:30
音別町行政センター 2階大会議室

このページの先頭へ

内容

  1. 開会
     
  2. 挨拶
    紅林行政センター長挨拶後、委員及び異動職員の紹介
     
  3. 会長、副会長の選出
    会長に川村利明委員、副会長に大坂博文委員が選出された。
     
  4. 情報公開について
    会議録公開と会議を公開することについて了承された。
     
  5. 議事録署名委員について
    会長より、石澤委員、伊東委員が指名され、承認された。
     
  6. 報告案件
    (1)前回会議で出された意見について
    事務局より説明。
    質疑等なし。
    (2)総合計画の策定スケジュールについて
    企画課総合計画担当より説明。
    質疑等(◆は委員発言、□は事務局発言)
    ◆市民100人委員会の委員の中で、音別地区から応募された委員は何人いるのか。
    □委員は10名で、内応募者は8名である。
    (3)新市建設計画第2次実施計画について
    事務局より説明。
    質疑等
    ◆西消防署音別支署・コミュニティセンター施設のコミュニティ施設とは、現在の生活改善センターに代わる施設であると理解してよいか。
    □生活改善センターの機能を継承する施設であるという考えを持っている。
    ◆コミュニティ施設に、避難施設や備蓄関係など、他の機能も兼ね備えた施設と考えてよいか。
    □お見込みのとおり。
    ◆生活改善センターの面積と、コミュニティセンター施設の面積の差違はどのくらいか。
    □総体面積の比較では、コミュニティセンター施設が181平方メートル程減少している。
    ◆同施設は、駐車場を含めてどのくらいの規模になるのか。また、工事費と財源内訳はどのようになっているか。
    □工事費については、概ね7億円程度の2カ年工事となっている。財源対策には合併特例債を充当する予定であり、95%の起債充当率に70%の交付税算入となる。駐車場については、現在の西消防音別支署庁舎敷地内に、十分な駐車場を整備することになっている。
    ◆現在の改善センターを利用している方は多く、その施設が使用できなくなるのは不便だという声があるが、建物は解体してしまうのか。また、解体するとした場合、そこに集会所などの建設はできないのか。
    □生活改善センターについては、取り壊す方向で進められていると聞いているが、所管課に確認の上次回の会議で報告したい。
    ◆介護老人福祉施設内の地域交流スペースとは、入所者のみが利用できるものか。市民が気軽に利用できる場所ではないのか。
    □介護老人福祉施設は、民間サイドで計画が進められており、診療所付近に建設する予定であるが、詳細を把握しておらず現段階では回答できない。今後、情報が入り次第報告したい。
    ◆事業主体は民間ではあるが、それに対する市の関わり方や、事業のあり方なども説明があれば解りやすいので報告してほしい。
    □状況が確認でき次第報告する。
    ◆音別駅前整備構想について、今年度は検討委員会を組織するということであるが、この組織の基準・構成などは、今後どのように進めようとしているのか。
    □駅前構想については本庁の都市計画課で所管しているが、検討委員会における組織の構成等については、具体的に示されていない。地域協議会との連動性も含め、都市計画課と十分に協議したい。
    (4)平成18年度予算概要について
    事務局より説明。
    質疑等
    ◆旧町では、育英基金特別会計で修学支援を行っていたが、新市においては、教育費の中に組み込まれているのか。
    □新市では、一般会計の教育費において修学支援の予算を計上している。
    ◆旧町で行っていた貸付等が、新市になったことにより受けられないということはないのか。
    □就学支援は教育事務所が窓口であり、新市での支援等を数字的に示す資料がないため、教育事務所に確認の上、次回の協議会で報告したい。
     
  7. 協議案件
    (1)釧路市の花・木について
    事務局より花、木については、旧3市町がそれぞれ制定していたものを継承していきたいことを提案。
    協議結果
    ・それぞれの歴史を踏まえ、3地区それぞれの花・木を継承するという意見とする。
    (2)釧路市の鳥等について
    事務局より鳥等は当面制定しないことを提案。
    結果
    ・異議なし
     
  8. その他
    委員から寄せられた意見等
    ◆防災や災害等に関する事であるが、広域農道は音別~尺別間、白糠~釧路間が開通していない。市としてどのような考え方を持って計画を進めようとしているのか、次回の協議会で説明して欲しい。
    □旧町では、川西~直別間の開通についての要望があった。道の財政も非常に緊迫している状況下で、採択の可否については全く解らない。市の財政も非常に厳しい環境にあるが、計画を止めた訳ではなく見送った状況にある。環境が変わった場合には、道に要望したいと思う。
    ◆災害等、緊急時の対策として、広域農道をバイパス的に利用できればと考えている。予算の関係もあるが検討をお願いしたい。
     
  9. 次回会議について
    事務局より次のとおり説明があり、確認された。
    (1)会議内容
    総合計画~総合計画市民100人委員会提言書の提示。
    市民協働~新市の市民協働推進指針の策定のために、参考として旧釧路市が策定した
    市民協働推進指針の内容について協議、検討。
    釧路市の花・木~市としての最終案を提示。
    (2)開催時期
    8月を予定。日時、場所は別途案内する。
     
  10. 閉会

このページの先頭へ

このページについてのお問い合わせ

総合政策部 都市経営課 企画担当

電話番号電話番号:0154-31-4502

ファクス番号ファクス番号:0154-22-4473

お問い合わせフォーム別ウインドウで開きますお問い合わせフォームへ

このページの先頭へ