平成18年度第2回釧路地域協議会

件名

平成18年度 第2回 釧路地域協議会

このページの先頭へ

日時・場所

平成18年8月23日(水曜日)13:30~15:50
釧路市交流プラザさいわい 3階 小ホール

このページの先頭へ

内容

  1. 開会
     
  2. 議事録署名委員について
    会長より、木村委員、近藤委員が指名され、承認された。
     
  3. 報告案件
    (1) 「釧路市の花・木」について
    事務局より以下のとおり説明し、賛同が得られた。
    ・旧3市町が制定していた花・木を継承する市の案について、5月に開催された阿寒音別の地域協議会においても賛同が得られた。新市の花・木については、各地域協議会での議論、これまで普及に取り組まれてきた人々の思い、三地区の気候風土を鑑み、キンレンカ・スズラン・エゾリンドウ・ハシドイ・エゾヤマザクラ、ナナカマドを最終案として報告する。また、釧路市の鳥については今回は制定しないこととする。     

    (2) 総合計画「釧路市まちづくり市民委員会」提言書について
    企画課総合計画担当より説明。
    意見(◆委員発言、□事務局発言)
    ◆提言したことを担保する仕組みづくりについて言及してほしかった。
    ◆男女共同参画はすべての分野に関わり、すべての項目に必要なことであるので、政策的なものにきちんと入れてほしい。
    ◆地域の子どもは地域が守るという取り組みについて、もう少し言及してほしかった。
    ◆まちづくり市民委員会は提言書を出して簡単に解散するのではなく、市民政策委員会の意味合いで併用的に進めていくべきである。
    ◆阿寒や音別地区は人口が少ないので、意見を聞くためのことをやっていきたい。
    ◆少子化が進み、子ども達が参加するスポーツ団の分断化は避けられない。市には具体的な対応策をとってもらいたい。
     
  4. 協議案件
    (1) 市民協働推進指針について
    事務局より説明。
    意見
    ◆新しい市民協働推進指針は現在にあった内容でつくり直すべき。
    ◆指針はただつくるのではなく、実行する仕組みづくりも必要。
    ◆市の職員は積極的に住民の中に入って情報を伝えていくことが大事。
    ◆市役所と住民の接点を設けて、住民側にも行政と意見交換を持つ意識を広める必要がある。
    ◆情報発信はインターネットやホームページだけに頼らず、人とのつながりを大事にした取り組みをお願いしたい。
    ◆情報発信は市民が興味を持つような工夫が必要。
    ◆市の職員は行政のプロであり、人の気持ちを理解することに巧みにならなければならない。それが市民との協働の基本になる。
    ◆自分の意見だけを主張せずに相手の話を聞くことも必要。それが行政、市民のお互いの理解につながる。
    (2) パブリックコメント手続の制度化について 事務局より説明。
    質疑等
    ◆議員提出の条例はパブリックコメント手続の対象にならないのではないか。
    □情報公開条例のように実施機関に議会を含めれば対象となる。
    ◆国から言われたから制度化するのではなくて、地域協議会だからこそ必要だということを前面に出すべき。    
    ◆パブリックコメント手続条例は市民参加条例の一つの手段であり、まず第一に市民参加条例を議論しなければならない。
    ◆意思決定においては政治色が出ないように望む。
    ◆パブリックコメント手続だけで市民の意見を聞いたということはやめてほしい。
    ◆名称についてはパブリックコメントというカタカナ英語を用いるはやめてほしい。高齢者も活字を見れば分かるようなものにしてもらいたい。
     
  5. その他
    委員から寄せられた意見  
    ◆各地域協議会の議事要旨の記載方法は、ばらつきがないよう統一していただきたい。
    ◆音別駅前整備構想については、音別地区だけの話ではなく、釧路市全体で考えるべきもの。合同会議を開いて協議すべきである。
     
  6. 次回会議について
    事務局より以下のとおり説明があり、確認された。   
    (1) 会議内容
    総合計画~釧路市総合計画・施策体系の素案の提示。
    市民協働~新市の市民協働推進指針の素案内容について協議。  
    パブリックコメント手続の制度化~条例素案について協議。
    (2) 開催時期
    10月を予定。日時、場所は別途案内する。
     
  7. 閉会

このページの先頭へ

このページについてのお問い合わせ

総合政策部 都市経営課 企画担当

電話番号電話番号:0154-31-4502

ファクス番号ファクス番号:0154-22-4473

お問い合わせフォーム別ウインドウで開きますお問い合わせフォームへ

このページの先頭へ