3歳から小学校就学前までの子どもに対する医療費助成の拡大に伴う関係条例の一部改正についてのご意見を募集します

募集期間:平成30年7月27日(金)~8月27日(月)

 釧路市では、条例により各種の医療費助成制度(注1)を設け、一定の要件に該当する市内居住者で、その生計を主として維持する方の所得が一定額を超えない方を対象として医療費(注2)の助成を行っており、現在、3歳未満の子ども(注3)に係る医療費については、自己負担額(注4)の全額を助成対象としています。
  このたび、子育て世帯の経済的負担の軽減と子育てに対する安心感の向上を図るため、3歳から小学校就学前までの子どもに係る医療費についても、自己負担額の全額を助成対象とすることとし、関係する条例の一部を改正することとしましたので、この改正案に対する皆さんのご意見を募集します。
取り入れるべきご意見については条例案を修正するなど、さらに検討を進め、最終的な条例案を釧路市議会に提案する予定です。
  また、皆さんからいただきましたご意見などの概要は、それらに対する市の考え方と併せて、2018年(平成30年)8月下旬をめどに釧路市のホームページなどで公表します。

(注1)子どもを対象とする医療費助成制度の種類と主な対象者  

助成制度の種類 主な対象者
乳幼児等医療費助成制度 小学6年生以下の子ども
(下記のいずれかの助成制度の対象者を除く。)
ひとり親家庭等医療費助成制度 ひとり親家庭における18歳未満の子ども及びその親
(下記の助成制度の対象者を除く。)
重度心身障がい者医療費助成制度 身体障害者手帳(1・2級及び3級の一部)、療育手帳(A判定)又は精神障害者保健福祉手帳(1級)をお持ちの方

(注2)保険診療の対象となる医療に係る医療費に限ります。
(注3)3歳に達する日の属する月の末日までの間にある子ども
(注4)医療保険各法の規定により自己負担すべき額(食事療養標準負担額及び指定訪問看護を受けた場合の基本利用料の額を除きます。)

 

1 改正内容

 3歳から小学校就学前までの子どもに対する医療費助成については、次のとおり、現在、助成制度の種類や世帯の市町村民税の課税状況に応じ、自己負担額の全額又は一部を助成対象としていますが、2019年(平成31年)4月診療分から、助成制度の種類や世帯の市町村民税の課税状況にかかわらず、一律に自己負担額の全額を助成対象とすることとします。

  【3歳から小学校就学前までの子どもに係る医療費の助成後の負担(自己負担額-助成額)】
区  分 現  行
(2019年3月診療まで)
改正後
(2019年4月診療分以降)
乳幼児等医療費助成制度 非課税世帯
(注5)
初診時一部負担金のみを負担
(医科580円・歯科510円)
負担なし
課税世帯(注6) 医療費の1割を負担
ひとり親家庭等医療費助成制度 非課税世帯 負担なし
課税世帯 医療費の1割を負担
重度心身障がい者医療費助成制度 非課税世帯 負担なし
課税世帯 医療費の1割を負担
(注5)世帯主及び全ての世帯員に市町村民税が課されていない世帯をいいます。
(注6)世帯主又はいずれかの世帯員に市町村民税が課されている世帯をいいます。

このページの先頭へ

3 意見募集要領

(1)意見募集期間

平成30年7月27日(金)~8月27日(月)

このページの先頭へ

(2)資料の公表場所

  • 釧路市こども保健部医療年金課医療給付担当(釧路市役所防災庁舎2階)
  • 釧路市役所本庁舎1階市政情報コーナー
  • 各行政センター1階市政情報コーナー
  • 各支所
  • 釧路市役所ホームページ

このページの先頭へ

(3)意見の提出方法

 郵便、信書便、持参(受付時間 平日の8時50分~17時20分)、ファックス、メールのいずれかの方法で提出してください(様式は問いません。)。
  • 電話によるご意見の受付は応じかねますので、ご了承ください。
  • ご意見の提出にあたっては、お名前、ご住所、電話番号をご記入ください。(取得した個人情報は、ご意見の具体的な内容等を必要に応じて確認するために使用し、その他の目的で使用することはありません。)

このページの先頭へ