釧路市阿寒町サイクリングターミナル関連施設(11施設)等の指定管理者の選定について(令和2~6年度)

公の施設名称及び所在地等

1.釧路市阿寒町サイクリングターミナル関連施設(11施設)
 (1)名  称  釧路市阿寒町サイクリングターミナル(宿泊施設)
    所在地  釧路市阿寒町上阿寒23線36番地
 (2)名  称  釧路市阿寒町丹頂の里保養センター(入浴施設)
    所在地  釧路市阿寒町上阿寒23線36番地
 (3)名  称  自然休養村管理センター
    所在地  釧路市阿寒町上阿寒115番地
 (4)名  称  植樹等景観施設
    所在地  釧路市阿寒町上阿寒115番地
 (5)名  称  環境保全施設
    所在地  釧路市阿寒町上阿寒115番地
 (6)名  称  野外運動施設
    所在地  釧路市阿寒町上阿寒115番地
 (7)名  称  野営場等林間休養施設
    所在地  釧路市阿寒町上阿寒23線34番地
 (8)名  称  炭砿と鉄道館
    所在地  釧路市阿寒町上阿寒23線34番地
 (9)名  称  地域資源活用工房
    所在地  釧路市阿寒町上阿寒23線34番地
 (10)名  称  ふれあい広場
    所在地  釧路市阿寒町上阿寒22線33番地
 (11)名  称  レクリェーション農園
    所在地  釧路市阿寒町西阿寒22線28番地
    
2.インフォメーションセンター丹頂の里
 (1)名  称  インフォメーションセンター丹頂の里(クレインズテラス)
    所在地  釧路市阿寒町上阿寒23線36番地1
 (2)名  称  インフォメーションセンター丹頂の里(観光物産展示施設)
    所在地  釧路市阿寒町上阿寒23線38番地

3.釧路市阿寒国際ツルセンター及びタンチョウ観察センター
 (1)名  称  釧路市阿寒国際ツルセンター
    所在地  釧路市阿寒町上阿寒23線38、40、42番地
 (2)名  称  タンチョウ観察センター
    所在地  釧路市阿寒町上阿寒23線39番地

このページの先頭へ

指定管理者の名称及び主たる事務所の所在地

名  称  株式会社 阿寒町観光振興公社
所在地  釧路市阿寒町上阿寒23線38番地

このページの先頭へ

指定期間

令和2年4月1日から令和7年3月31日

このページの先頭へ

選定理由等

 指定管理者選定委員会における審査の結果、株式会社阿寒町観光振興公社が釧路市阿寒町サイクリングターミナル関連施設(11施設)等の指定管理者として最も適している認められたため、当該団体を指定管理者の候補者として令和元年12月定例市議会に提案し、市議会の議決を得ました。

<選定委員会における評価・意見など>
 ・これまでの指定管理者として従事しており、安定的な経営を期待することができる。
 ・これまでの指定管理の経験や実績から、今後も安定した施設運営が期待される。
 ・安定した運営のため、人材の育成も努められたい。
 ・これまでの経験と実績があり、今後も安定した管理鵜運営が期待できる。
 ・従前の管理、運営でや培ったノウハウを活かしながら、丹頂の里エリアの更なる発展が期待できる。
 ・釧路湿原美術館やこども遊学館等との連携により、利用客の増加を目指していくとのことで、これを評
  価する。
 ・地域人口の増減等もあり、収入増を図ることは簡単ではないが、過去の実績を活用し職員一丸となっ
  て業務にあたっていただきたい。

このページの先頭へ

申請団体数

1団体

このページの先頭へ

選考基準

 選考は、次の基準により行い、総合的に本施設の管理を行うにあたり最も適していると認める団体を指定管理者の候補者に選定することとしました。

 1.市民の平等な利用の確保等の適正な施設の管理ができること。
 2.事業計画書の内容が、本施設の効用を最大限に発揮するとともに、管理経費の縮減が図られるも
   のであること。また、ツルセンターにおいては、市内ツル関連施設である動物園(ツル担当)、丹頂鶴
   自然公園(指定管理者)との連携を図ることで施設の設置目的をより効果的に発揮させる取組がで
   きるものであること。
 3.事業計画書に沿った施設の管理を安定して行う人員、資産その他の経営規模及び能力を有してお
   り、又は確保できる見込みがあること。
 4.市民協働・市民参加の仕組みの確保、地域経済活性化への寄与、地域内雇用の確保が図られるも
   のであること。具体的な審査項目及び配点については、次のとおりとし、点数付けの結果に基づき指
   定管理者の候補者を選定します。ただし、◎印の審査項目において問題がある場合には、合計点
   数に関わらず、指定管理者の候補者に選定しないことがあります。

 
選考基準 審査項目 配点
市民の平等な利用の確保等の適正な管理 ◎施設の目的や性質に応じた市民の平等な利用の確保(特定の団体等に有利又は不利になるような差別的扱いが不当になされるおそれがないか)
◎施設管理における安全確保の手段、事故・災害時の対応
◎施設の管理業務において取り扱う個人情報の管理体制の整備状況(指定管理者が個人情報を取り扱う業務を第三者へ委託する場合は、委託先の体制を含む。)
◎施設利用状況等の管理業務に係る情報の把握・記録・保存等の情報管理及び情報公開の方法
◎施設の管理業務及び施設内における自主事業と他事業との区分経理などの財務の仕組み
◎関係法令等の遵守
15点
施設の効用の発揮、サービスの向上 ◎各管理業務の実施方法
〇利用の促進、利用者サービス向上の手段(他の関連施設や自主事業との連動、ツル3施設協働事業による利用者の利便性向上等を含む。)
〇利用者や周辺住民の苦情・要望等の反映の仕組みなどの整備状況
15点
管理経費の縮減等 ◎本市及び教育委員会が指定管理者に支払うべき指定管理費の設定額とその妥当性
〇管理経費を縮減させる効率的管理運営の取組み
◎指定管理費以外の収入の設定額とその妥当性
〇収入増のための効果的管理運営の取組みと利益の本市及び教育委員会への還元
25点
事業計画書に沿った施設の管理を安定して行う人員、資産その他の経営規模及び能力 ◎団体の資産その他の経営規模及び能力などの団体の安定性・継続性・専門性
◎同種又は類似の施設の管理運営の実績とその適正性・健全性
◎団体の理念、社会的信用、代表者や責任者の意欲・熱意
〇団体の運営における透明性や公正性(情報公開の仕組み、監査の体制や遵法管理の仕組みなどの整備状況)
〇団体の環境保全の取組み、障がい者の雇用状況、社会貢献等の状況
15点
◎施設の管理業務を行う人員配置及び責任体制、管理・監督体制
◎施設の管理業務を行う人材の確保及び専門性、育成体制の状況、接遇
◎指定管理者として負担すべきリスクへの対応
15点
地域経済への寄与、地域内雇用の確保等 〇施設の管理業務に必要な資材等の調達方法
〇施設の管理業務に必要な従業員の採用方法
〇現に管理業務を行っている法人等の従業員の継続雇用の考慮
〇地域活動への参加等の地域貢献
15点
  100点

このページの先頭へ

選考方法

 指定管理者選定委員会において、申請団体によるプレゼンテーション及び申請書類の審査を行ったうえで、上記の選考基準に基づき選考しました。

このページの先頭へ

選考過程

1 令和元年 8月7日  第1回選定委員会(募集方法及び選考基準の決定)
2 令和元年 10月9日 第2回選定委員会(申請団体プレゼンテーション、指定管理者の候補者の選
  定) 

このページの先頭へ

このページについてのお問い合わせ

阿寒町行政センター 地域振興課 地域振興担当

電話番号電話番号:0154-66-2122

ファクス番号ファクス番号:0154-66-3959

お問い合わせフォーム別ウインドウで開きますお問い合わせフォームへ

このページの先頭へ