平成29年4月  番外編 平成29年度の予算をお知らせします

 平成29年度は、地域の経済情勢、市の財政状況が依然厳しい状況にはあるものの、地域経済の活性化、雇用の創出に全市を挙げて取り組み、一つ上のまちづくりを進めること、人口減少に立ち向かい、今ある課題の解消に向けた取り組みを進め、誰もが安全に安心して暮らせるまちづくりを進めることができるよう、各種の施策や事業について必要な予算を盛り込みました。
 これからのまちづくりを進めるに当たっては、将来を見通して、今あるもの、今あること、その価値自体をさらに高め、再編していくことが大切であります。
 今、観光分野において、「観光立国ショーケース」や「国立公園満喫プロジェクト」など、釧路市が全国的に注目されております。一つ上のまちづくりを進める中で、観光が地域の新たなリーディング産業へと進化するタイミングが来ていると考えており、多くの観光客の皆様にご来訪いただける質の高い観光資源へと磨き上げていくことに取り組み、多くの観光客の皆様に訪れていただけるよう、ストレスフリーの環境整備などに努めてまいりますので、市民の皆様におかれましても、おもてなしや環境美化などにご尽力いただき、ともに観光産業のさらなる発展に繋げてまいりたいと考えております。
 また、次の10年を見据え、新たな市独自のまちづくりの指針となる「釧路市まちづくり基本構想」の策定を進め、長期的な視点から、これからのまちづくりを戦略的に進めることができる計画づくりに努めてまいります。
 都市の価値を高め、持続的に発展できるよう都市経営の視点を持ちながら市民の皆様とともに将来に希望の持てるまちづくりを進めてまいります。