平成30年2月  釧路市中央図書館・釧路文学館が2月3日(土曜日)に開館します!

 市民の皆様が待ち望んでいた「釧路市中央図書館」が、いよいよ2月3日(土曜日)に、北大通10丁目の新釧路道銀ビルにオープンします。
 これまでの図書館の約1.7倍の広さとなった中央図書館では、4階にこれまでの3倍の広さの児童コーナーを配置した他、ファミリー読書ルームを設置して、親子が一緒に読書を楽しめるようにしています。
 また、中学生、高校生が集うティーンズルームや、7階には個人とグループで利用できる学習室を配置するなど、これまで以上に若年層の方々が利用しやすいよう工夫しております。
 さらには、レファレンス、館外支援などのサービスを充実させる他、郷土資料やビジネス関連資料なども充実させていきます。
 その他、6階には「釧路文学館」を新たに開設し、釧路文学の歴史や、釧路ゆかりの作家の方々に関する資料を常設展示する他、企画展を開催して「釧路の文学」を広く内外に情報発信していきます。
 フロアごとに趣向を凝らした新しい図書館を、多くの方々にぜひご利用いただくとともに、中心市街地のにぎわい創出につながる取り組みを進めてまいります。