平成28年12月  ひがし北海道の拠点・くしろを目指して

 このたびの任期満了による釧路市長選挙におきまして、市民の皆様の温かいご支援とご厚情を賜り、三期目の市政の重責を担うこととなりました。

 人口減少社会に立ち向かうため、昨年策定した「釧路市まち・ひと・しごと創生総合戦略」の堅実な推進を図るとともに、地域経済や生活環境の変化に対応できる安全で安心に暮らせるまちづくりを推進し、「生産都市 釧路」としてさらなる飛躍を図ってまいります。

 また、地域のあらゆる資源を生かす都市経営の視点をもって、これまでさまざまな取り組みを進めてきました。こうした中、本年7月に国家戦略である「国立公園満喫プロジェクト」に阿寒国立公園が選定され、「観光立国ショーケース」と併せ、地域の取り組みが評価されたものであり、さらなる高みを目指し、その効果を観光だけでなく、あらゆる分野につなげ、「未来への『希望』輝く ひがし北海道の拠点・くしろ」の実現にまい進してまいります。

 さらに、これからの10年を長期的な視点でまちづくりの方向性をお示しする「釧路市まちづくり基本構想」の策定を進めております。策定にあたり、市民の皆様にご協力いただきました市民アンケートでは、「魅力ある都市づくり」「雇用対策」「わかものの希望がかなうまち」に対するお声を頂いたところであり、こうしたご意見を念頭に、市民の皆様と共に、地域の未来に希望が描けるまちの実現に鋭意努めてまいりますので、より一層のご指導とご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。