平成28年7月  釧路市まちづくり基本構想の策定について

 これまで釧路市では、限られた資源を社会情勢の変化に即応して柔軟かつ重点的に投資する「都市経営」の視点に基づき、「財政健全化推進プラン」「市役所改革プラン」「政策プラン」の3つからなる「釧路市都市経営戦略プラン」を平成24年2月に策定し、さまざまな取り組みを行ってまいりました。


 また、平成27年12月には人口減少社会の状況下でも将来に希望の持てるまちの姿を見据え、特に地域の未来を担う「わかもの」「女性」が未来に希望を持ち、安心して住み続けられるまちづくりを行うために「釧路市まち・ひと・しごと創生総合戦略」を策定、推進してきたところです。


 これらの取り組みによって、財政健全化が着実に進みまちづくりの基盤ができつつある今、さらなる発展を目指して、生産都市として築かれてきた高い技術力や人材、先人から受け継いだ文化、豊かな自然環境など釧路らしい強みを活かしていくことが必要です。そのためには、地域が一体となって目指すべきまちの姿を共有しながら主体的にまちづくりを進めていくことが重要となります。


 ひがし北海道の拠点都市として、持続可能なまちを築き、地域のもつ強みを活かしてさらなる飛躍を目指すために、これまでの取り組みの中核をなす「都市経営」の視点による新たなまちづくりの指針として「釧路市まちづくり基本構想」を策定します。


 策定期間中には、市民の皆さんに市民アンケートなどさまざまな場面でご意見を賜りますので、よろしくお願いいたします。