平成24年12月  「釧路の元気を高める」決意を新たに

市長就任にあたり、市民の皆様へ一言ご挨拶を申し上げます。


去る10月21日に行われた釧路市長選挙におきまして、多くの市民の皆様の温かいご支援とお力添えによりまして、引き続き市政運営の重責を担うことになりました。この間、私の街づくりの思い、自分なりの情熱、取り組まなければならない課題を、お話させていただく中で、ふるさと釧路への熱い思いを持つ多くの市民の皆様と心を一つとし、さらなる勇気と情熱を私に与えていただきました。


この街と、この街に住む人々の持つ大きな力と可能性を信じ、子どもたちに夢と希望にあふれる未来を引き継いでいくため、市民の皆様と成長の芽を一つひとつつなぎ、釧路の元気を高めていく決意を新たにしております。


今、釧路市が持続可能な発展を目指して力強く前進していくためには、時代の閉塞感を打破し、新たな活力を自ら生み出すことが必要です。


私の1期4年間の取り組みにおいては「自主財源の強化と自らの創意による地域に合った施策の組み立てが急務である」との認識の下で「財政健全化推進プラン」「市役所改革プラン」「政策プラン」から成る都市経営戦略プランを策定し、これまで踏襲されてきた前例ありきの行政運営から脱却し、限られた資源を有効に活用する「都市経営」への転換を図るための改革に努めてまいりました。


2期目に当たり、私は確固たる行財政基盤に立って、釧路市が成長するための政策展開を示した「政策プラン」を着実に実行に移していくことが最重要の課題と考えております。域内循環、人材育成・雇用、安全安心、拠点性を柱とする「政策プラン」の実践を「あきらめることのない、できる道探し」と位置づけ、市政にまい進する所存であります。


市民の皆様のなお一層のご指導、ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。