平成24年7月  市の財政について知ってもらうために

市役所の仕事は、法律と予算に基づいて行われています。

予算は市民の皆さんからお預かりしたお金(税金など)がどのような行政サービスに使われるかを表しています。また決算は、予算に基づき、どのような行政サービスにどれくらいお金が使われたかを表しています。さらに、決算において公表される各種指標は、市の財政の健康状態を示すバロメーターのようなものであり、毎年チェックすることにより、変化を知ることができます。



このように、予算や決算には、市の財政についての大切な情報がたくさん詰まっています。

これまで市の財政情報は、広報紙やホームページなどを通じ、予算や決算をお知らせしてきました。しかし、どんなに大切な情報でも、市民の皆さんに理解してもらわなければ生きた情報にはなりません。



そのため、市では昨年、都市経営戦略プランに基づき、釧路公立大学と協働し、市が公表する財政情報が、市民の皆さんにとって分かりやすい内容になっているかなど、そのあり方について検証しました。

その結果、現在の広報くしろの財政特集だけでは、十分な理解を促すためには情報量が不足しているなどのご提言をいただき、市では広報くしろ6月号から「焦点」というコーナーで、財政の豆知識の連載を開始しました。



わたしたちが住んでいるまちの財政について少しでも興味・関心を持っていただけるよう、今後もより分かりやすい財政情報の公表に努めていきます。