納税証明書(一般)

納税証明書は、証明書交付日において、市税の各年度・税目ごとに、
納付すべき税額、収入済額、未納額、納期到来分未納額(滞納額) を証明します。
(納付日は記載されません。)

税金を銀行などで納めた場合、市役所で納付が確認できるまでに約2週間かかります。
納付後、2週間以内に申請する場合は、領収印のある領収書又は記帳済の通帳(口座振替の方)
をご持参ください。


なお、郵送申請も可能です。

完納証明書はこちら(別ページ)
車検用納税証明書はこちら(別ページ)
公益法人認定申請用はこちら(別ページ)
酒類製造・販売業免許申請用はこちら(別ページ)
 

1 申請用紙

税証明(閲覧)申請書(PDF:663KB)
 ※ 代理人が申請する場合は、申請書様式の委任状欄への記入も必要です。
    (委任状欄には、委任者(頼む人)が記入してください。生計を一にする同居親族が申請する
  場合等は、記入不要です。)
 
 ※ 申請書の委任状欄を使用するほか、別様式の委任状(PDF:442KB)の使用も可能です。

このページの先頭へ

2 窓口での申請方法

1 取扱窓口等

(1) 申請場所
 ・釧路市役所本庁舎1階 市民税課
 ・阿寒町行政センター市民課
 ・音別町行政センター市民課
 ・鳥取支所
 ・春採支所
 ・桜ケ岡支所
 ・大楽毛支所
 ・阿寒湖温泉支所
※ 郵送申請も可。

(2) 取扱日時
   平日 午前8時50分から午後5時20分まで
   土曜日・日曜日・祝日、年末年始(12月29日から1月3日まで)はお休みです。

このページの先頭へ

2 申請できる方、必要書類等

申請できる方
 証明書の内容は、納税者個人の秘密に関わる事項ですので、申請できる方は、次の方に限られます。

  • 納税者本人(納税管理人・相続人等を含みます)
  • 生計を一にする同居の親族で、納税者本人の依頼があったと認められる方
  • 納税者本人の委任等を受けている方(委任状・代理権授与通知書などを持参した方)
  • 法令等に基づき、正当な理由を有する方
  申請できる方の詳細はこちら(PDF:204KB)

必要書類
 【本人申請の場合】

 (1)税証明(閲覧)申請書
   税証明(閲覧)申請書(PDF:663KB)(窓口にも備え置いてあります)

 (2)証明手数料
   1税目・1年度につき450円。

 (3)本人確認書類
   ・運転免許証
   ・マイナンバー(個人番号)カード
   ・パスポート
   ・身体障害者手帳
   ・健康保険の被保険者証 などいずれか1点

【代理申請等の場合】
  
必要書類等の詳細はこちら(PDF:204KB)
 
 ※ 代理人が申請する場合は、申請書様式の委任状欄への記入も必要です。
    (委任状欄には、委任者(頼む人)が記入してください。生計を一にする同居親族が申請する
  場合等は、記入不要です。)
 
 ※ 申請書の委任状欄を使用するほか、別様式の委任状(PDF:442KB)の使用も可能です。

 

このページの先頭へ

3 郵送での申請方法


(1) 税証明(閲覧)申請書

   手書きで作成(記入例↗) 又は
   税証明(閲覧)申請書(PDF:663KB)

(2) 本人確認書類のコピー
  ・運転免許証
  ・マイナンバー(個人番号)カード
  ・パスポート
  ・身体障害者手帳
  ・健康保険の被保険者証 などいずれか1点
 ※本人申請の場合:ご本人のもの
     代理申請の場合:代理人のもの を同封


(3) 証明手数料分の定額小為替証書
 ・定額小為替証書は、1税目・1年度につき450円分です。
 ・小為替は、郵便局で購入してください(おつりの出ないようにしてください)。
 ・小為替には何も記入しないでください。
 ・印紙、切手は取扱いできません。

(4) 返信用封筒
  必要分の切手を貼り、返信先を記入してください。
    ※封筒が定形サイズの場合、84円分(添付書類の返却がある場合等を除く)。
  切手料金(日本郵便のページ)

(5) その他必要書類
    申請者ごとの必要書類(PDF:204KB) 

 ※ 代理人が申請する場合は、申請書様式の委任状欄への記入も必要です。
    (委任状欄には、委任者(頼む人)が記入してください。生計を一にする同居親族が申請する
  場合等は、記入不要です。)
 
 ※ 申請書の委任状欄を使用するほか、別様式の委任状(PDF:442KB)の使用も可能です。

このページの先頭へ

4 よくある質問

Q1 納税証明書とは何ですか。

A1 納税証明書とは、市税の年度・税目ごとに、
 (1)納付すべき税額
 (2)収入済額
 (3)未納額
 (4)納期到来分未納額(滞納額) を証明する書類です。
  (その他、納税義務者の住所(所在)、氏名(名称)、税目、年度を記載しています。)
  なお、納付日は記載されません。


Q2 納税証明書を取得できる税目は何ですか。

A2 納税証明書を取得できる税目は、
・市・道民税
・固定資産税
・軽自動車税(種別割)
・法人市民税 になります。
※車検用納税証明書は、別の証明書になります(申請方法はこちら)


Q3 納税証明書は、市税納付後すぐに申請(発行)できますか。

A3 税金を銀行などで納めた場合、市役所で納入が確認されるまでに2週間ぐらいかかります。
   納付後、2週間以内に申請する場合は、
   「領収印のある領収証書の原本(口座振替の場合:記帳済の預(貯)金通帳)等」
  をご提示いただければ、すぐに発行可能です。


Q4 「未納(滞納)がないことの証明」や「完納証明」は発行できますか。

A4 発行可能です。申請方法はこちら(別ページ)


Q5 車検用の納税証明書の申請方法を教えてください。

A5 申請方法はこちら(別ページ)


Q6 酒税法に基づく納税証明書(酒類製造・販売業免許申請用)の申請方法を教えてください。

A6 申請方法はこちら(別ページ)


Q7 滞納処分に係る納税証明書(公益法人認定申請用)の申請方法を教えてください。

A7 申請方法はこちら(別ページ)


Q8 法令等に基づく正当な理由を有する者(借地・借家人)は、固定資産税の納税証明書を申請できますか。

A8 固定資産評価証明の申請等と異なり、申請できません。
   納税証明書が必要な場合は委任状をお持ちの上、代理人として申請してください。


Q9 法人の納税証明書を請求する場合に必要なものを教えてください。

A9 誰が来庁するかによって次のように変わります。
 【1 法人の代表者が請求する場合】
  ⑴申請書(代表者印押印)(窓口にも備え置いてあります)
  ⑵代表者の本人確認書類
  ⑶証明手数料(1税目・1年度につき450円)

 【2 法人の従業員等が請求する場合】
  申請書【押印不要】※1(窓口にも備え置いてあります)
  ⑵法人から従業員等への委任状原本【代表者印押印】※1
  ⑶申請者の本人確認書類
  ⑷証明手数料(1税目・1年度につき450円)
  ※1 申請書【代表者印押印】従業員等であることが確認できる社員証や健康保険証
     
(法人名と従業員姓名が明記されているもの)があれば、委任状は省略できます。

 【従業員等が申請する場合の必要書類等】 
原則 委任状を省略できる場合
(1) 申請書(代表者印なし (1) 申請書(代表者印あり
(2) 委任状原本(代表者印あり
     【法人代表者から従業員等への委任状】
(2) 社員証や健康保険証
    (法人名と従業員等の姓名が明記されているもの)
(3) 申請者(従業員等)の本人確認書類 (3) 同左
 
(4) 証明手数料(1税目・1年度につき450円) (4) 同左
(5) 納税義務者本人から法人への委任状(原本)
【委任を受けた場合のみ。自社物件は必要なし。】
(5) 同左


Q10 窓口で申請する際に必要な書類は何ですか。

A10 必要書類はこちら


Q11 郵送で納税証明書を取得できますか。

A11 郵送でも請求可能です(郵送申請方法)。

このページの先頭へ

本ページにはビューワソフトが必要なコンテンツが含まれています。

別ウインドウで開きますAdobe Readerのダウンロードはこちらをご覧ください。

別ウインドウで開きますMicrosoft関係のダウンロードはこちらをご覧ください。

このページの先頭へ