釧路みなとオアシス

 2019年(令和元年)5月1日に、新元号登録第1号として「釧路みなとオアシス」が、全国で128ヶ所目の「みなとオアシス」として登録されました。代表施設である「釧路フィッシャーマンズワーフMOO&EGG」を中心として、様々なサービスやイベント情報を提供しています。
 また、クルーズ船寄港時には、釧路みなとオアシス協議会を中心に市民が一体となって盛り上げるおもてなし活動を実施し、みなとを核とした賑わいの創出に取り組んでいます。

エリア図

エリア図

登録情報

登 録 名 釧路みなとオアシス
登録年月日 2019年(令和元年)5月1日
※変更登録 2020年(令和2年)7月31日
設 置 者 釧路市
運 営 者 釧路みなとオアシス協議会
問合せ先 釧路市水産港湾空港部 港湾空港課
住   所 〒084-0914 釧路市西港1丁目100番17
電   話 0154-53-3371
運営体制 釧路港湾振興会、(一社)釧路観光コンベンション協会、㈱釧路河畔開発公社、
釧路港湾協会、釧路商工会議所、釧路根室圏まちとくらしのネットワークフォーラム、
釧路和商協同組合、(一社)北海道建築士会釧路支部、釧路商工会議所青年部、
(一社)釧路青年会議所、くしろ橋南西ゆめこい倶楽部、北海道立釧路芸術館、
NPOグローカルみらいネット、釧路夕焼け倶楽部、港文館倶楽部、釧路市

このページの先頭へ

登録施設

代表施設:釧路フィッシャーマンズワーフMOO & EGG



 水産加工品やお土産などの販売、食堂や軽食喫茶なども営業しており、施設内にはWi-Fiの設置や待合室があり、休憩も可能となっている。
 また、観光案内所が設置されており、各種パンフレットやマップを取り揃えており、観光案内を行っている。
 クルーズ船おもてなし時はEGG内で外国人観光客に対して、着物の着付け体験などの日本文化を通した交流イベントを開催している。

所在地:釧路市錦町2-4
問合せ先:㈱釧路河畔開発公社
電話:0154-23-0600
 

このページの先頭へ

構成施設:釧路港耐震・旅客船ターミナル



  クルーズ船寄港時の接岸場所となっており、寄港に伴うお出迎え、お見送りのイベント等が実施され、賑わいの場となっている。
 また、耐震・旅客船ターミナルとして大規模地震時には、臨海部防災拠点となり、船舶により地域の緊急物資や被災地の復旧のための資機材の受入を行う。

所在地:釧路市浪花町3
問合せ先:釧路市水産港湾部港湾空港課
電話:0154-53-3371
 

このページの先頭へ

構成施設:釧路市観光国際交流センター



 国内はもとより国際的な交流拠点をはじめ、各種イベント等が開催できる屋内型多目的施設。
 広々としたホールにフラットな床面・ゆったりとした搬入口・同時通訳ブースや音響AV機器・充実した会議設備などの特徴を活かして、「物産展や各種展示会」、「まつりやイベント」、「大会・発表会や講演会」、「学会や国際会議」の会場として利用されている。

所在地:釧路市幸町3-3
問合せ先:(一社)釧路観光コンベンション協会
電話:0154-31-1993
 

このページの先頭へ

構成施設:幸町緑地



季節に因んだ各種イベントが開催され、多くの来場者で賑わう。
主なイベント
・くしろ霧フェスティバル(7月)
・くしろ港まつり(8月)
・釧路大漁どんぱく(9月)
・くしろ冬まつり(2月)

所在地:釧路市幸町3
問合せ先:(一社)釧路観光コンベンション協会
電話:0154-31-1993
 

このページの先頭へ

構成施設:幣舞橋(令和2年登録)



 市街地を流れる釧路川にかかる優美な橋で、北海道三大名橋のひとつに数えられている。ここから眺める釧路港に沈む夕日は、世界三大夕日の一つに数えられるほどの絶景となっている。
 夜は、季節や社会催事等に応じた幻想的なライティングが実施され、2020年度からは演出方法が変更されている。

所在地:釧路市北大通
問合せ先:釧路市産業振興部観光振興室
電話:0154-31-4549
 

このページの先頭へ

構成施設:港文館(令和2年登録)



 かつて石川啄木が勤務した旧釧路新聞社を復元したもので、代表施設である「釧路フィッシャーマンズワーフMOO&EGG」の対岸に位置し、館内には港湾資料や啄木資料を展示するなど、ふるさと歴史の散歩道のルートとしても親しまれている。
 港文館前に建つ啄木像は、釧路川の水面に映るMOO&EGGとマッチし、多くの観光客が訪れる場所となっている。

所在地:釧路市大町2-1-12
問合せ先:釧路倶楽部合同会社
電話:0154-42-5584
 

このページの先頭へ